総合人材サービス、派遣会社のManpowerGroup

clear
clear

いろいろ学べます! Vol.108

犬との楽しい生活

犬の不思議Q&A

私たちのペットとして一番近い存在である犬や猫、何故人はペットを飼うのでしょうか。
時にはしゃいで一緒に走ったりボール遊びをしたり、時には私たちが悲しい思いや寂しい思いをしているときは側にいて心を癒してくれる、言葉こそ発しませんが彼らはそんなかけがえのないパートナーだからです。

今回は、そんな愛おしい犬たちについての秘密をひも解いていきましょう。

「イヌのしっぽの秘密」

◆しっぽの役割

バランスをとる
しっぽは身体のバランスをとる働きをしています。走行中にカーブする際、しっぽでバランスをとり方向転換するのです。高速で走る動物にとって、しっぽは重要な役割を果たしています。
体温保持
犬は、寒い時しっぽでくるっと身体を包み、体温低下を防ぎます。
シベリアンハスキーやサモエドのような北方系の犬種は、ふさふさで温かそうなしっぽを持っています。
感情表現
嬉しい時にはぶんぶんと左右に力強く振り、緊張している時威嚇している時にはピンと立ち、怖いときには下げて股の間に入ってしまいます。 
clear

しっぽの形状や長さもさまざまで、先天的にしっぽがないものや、断尾する犬種もあります。断尾はもともと牧羊犬や闘犬が傷つくのを防ぐためとか、狩猟の際に尾が草木に触れ音をたてるのを防ぐなどの理由からされたものですが、今では外見上の美観目的に行われています。家庭犬には必要がないので、動物愛護の観点から断尾を禁止する動きもでてきています。

clear

「肉球の秘密」

◆肉球の役割

足への衝撃を抑える
弾力のある肉球は、犬の体重を支え、歩行、着地時の衝撃をやわらげクッションの役割を果たします。
犬は素足で歩くわけですから、肉球はさまざまな刺激や衝撃から足を守ってくれる靴底なのです。
地面の状態を感知
肉球にはたくさんの神経や血管が分布しているので人の指先と同じく、触覚・温度・圧覚・痛覚・感覚地面の形状を感知することができるのです。
消音効果
ペットになった犬にはあまり必要ありませんが、狩りのときは獲物に近付く時に足音を消す役割を果たしていました。
clear

「人間でいうと何歳?」

近年ではドッグフードの質の向上や感染病の予防接種、予防薬の普及・獣医療の進歩など、犬を飼う環境がよくなってきたため、犬の寿命も確実に伸びてきています。また、大切な家族である犬を、健康で長生きさせてあげたいという飼い主の愛情と願いが、犬の寿命を延ばしているのかもしれません。
よく「人間で言うといくつですか?」とイヌの年齢を聞かれますが、大型犬と小型犬によっても年のとりかたはちがいます。一般的には大型犬の方が小型犬よりも寿命が短いといわれています。
犬は1才から1才半で性成熟に達し(人でいうと12歳くらい)、7歳くらいから老化の症状が顕著に表れてきます。
小型犬の11歳・大型犬の8歳は人の60歳前後の年齢になります。この年齢はシニア世代です。外見はかわいいですが、眼球内のレンズが白く濁る白内障になる場合も多く、聴覚も衰えて名前を呼んでも反応が遅くなります。
7歳をすぎたら年に1~2回は血液検査やレントゲンなどの健康診断を受けることをお勧めします。人間より生命時間の短い犬は病気の進行も早いので、病気の早期発見が重要です。

clear
Doggy Chat

Doggy Chat は、パピーティーチャー(犬の社会化トレーナー・認定ペットシッター)である佐々木家の自宅でのホームステイ形式のドッグホテルです

1日中ケージの中で夜間は無人になってしまうペットホテルに愛犬を預けて旅行に行くことに罪悪感を持つ飼い主さんが多いので、このようなホームステイ形式のホテルを開業しました。
仔犬のころから社会化トレーニングを兼ねてホームステイをしていただきます。
十分に社会化された成犬たちとの交流の中で犬の社会のルールを学び、みんなで楽しくお散歩やお部屋遊びをします。
飼い主さんが旅行を楽しんでいる間、愛犬達もクラスメートと楽しい時間を過ごして飼い主さんのお帰りをお待ちします。

URL: http://www.doggy-chat.com/

clear
ページのトップへ戻る
footer
clear
clear
Copyright © ManpowerGroup Co., Ltd. All Rights Reserved.
clear