総合人材サービス、派遣会社のManpowerGroup

clear
clear

いろいろ学べます! Vol.111

犬との楽しい生活

犬との楽しいお出かけ

犬と過ごすことの楽しみの一つにお散歩があります。
近所の見慣れた風景も、パートナーがいれば一段と新鮮に感じることができるでしょう。
「超小型犬などは運動量が少なくていいのでお散歩は必要ないのでは?」と考えている人もいるようですが、
運動という意味だけではなく、外の空気を吸ってリフレッシュすることは犬にも必要なのです。
お家の中にいる家族だけとの偏ったコミュニケーションでは、犬の社会性は欠落してしまいます。
飼い主さん以外の人や他の犬に対して苦手意識を持つ犬になってしまいます。

お散歩編

リードは必ず付けましょう。
「うちの子は絶対に私から離れないから大丈夫!」と、リードをつけないでお散歩をしたり、公園で遊ばせている光景を見かけることがあります。
これは東京都の条例違反であるだけでなく、大切な犬の命を脅かす危険な行動なのです。
いくら躾のできている犬でも、突然の大きな音や、地震などでパニックを起こしてしまうことがあります。そんなときは飼い主の制止の声も耳に入らず車道に飛び出してしまうことがあるのです。
また、お散歩中に犬の排泄物の始末をすることは飼い主の義務です。ペットボトルなどに水を入れて持ち歩き、電柱や塀などにおしっこをしてしまったら必ず流し、便をしたら拾って持ち帰りましょう。

暑い季節は地面の温度も上がっています。人間よりも犬は地面に
近いので、夏のお散歩は気をつけないと熱中症になってしまいます。暑くなったアスファルトの熱は犬の肉球を傷つけます。
夏のお散歩は早朝か、陽が沈んで地面の熱が下がりきってからにしましょう。
お散歩の時、リードはあまり長くせず、車道側に犬を歩かせないようにしましょう。他の犬とのご挨拶も、いきなり犬同士を近づけずに、相手の飼い主さんに挨拶をさせても大丈夫かどうか確認してから近づけましょう。特に去勢手術をしていない雄犬テリトリー意識が強く、自分のテリトリー内に他の雄犬が入ってくると、威嚇する傾向があるので、要注意です。ドッグランなどで最も多い事故事例は、未去勢の雄犬同士のテリトリー争いからおきる咬傷事故です。
また、ヒート中(生理中)の雌犬の匂いは5km先まで匂うと言われています。この匂いに引きつけられて突進してしまい交通事故にあってしまう未去勢の雄犬もいるので、不妊手術を受けていない犬の場合は、細心の注意を払ってお散歩をしなければなりません。

さあ、お散歩の仕方がわかったら、一緒にお出かけしましょう。

ドッグカフェ編

ドッグカフェは犬連れで一緒にお食事やお茶を楽しむことができる場所です。
カフェに入る前にはたっぷりお散歩をして排泄もすませておきましょう。
カフェに入った時に犬が疲れていれば自然に落ち着いて過ごせるのです。
犬が落ち着かず、要求吠えをしたり、飛びついてしまうようなら、ひもをつけたデンタルコングにおやつを詰めて、テーブルや椅子の脚にくくりつけておきましょう。あなたがお茶やお食事を楽しむ間、犬は時間をかけて美味しいおやつを楽しみます。
リードはご自分の足首や太ももにしばっておき、犬の行動範囲は制限します。
カフェマットや小さめなブランケットなどを敷いて、犬の居場所を確保します。
他の犬の匂いがするので、興奮しておしっこを漏らしてしまったり、テリトリー意識の強い犬はマーキングのおしっこをわざとしてしまうことがあります。そのような犬にはマナー違反にならない為にもマナーベルトエチケットパンツなどを着用することをお勧めします。

ドライブ・旅行編

まず、犬が車に乗ることが好きになっていなければなりません。
車のドアの開閉音やエンジン音、車内外の匂いに慣れさせておきましょう。
出発前には必ず排泄を済ませます。
また、食事は、出発直前に与えると車酔いしやすくなります。
車に乗るといつも動物病院に連れて行かれて、注射や爪切りなどの嫌な思いをしていたら、
車=痛いこと」とインプットされてしまうので、車でお出かけするときには、犬にとっての楽しいことを用意しましょう。
抱っこして運転席に乗せることは危険です。車内では犬は必ずクレートやキャリーにいれましょう。最近では犬用シートベルトなども販売されているようです。
酔いやすい犬にはこまめに休憩をとり、外の風景を見せたり、風を感じさせてあげましょう。ドライブ前に動物病院で酔い止めのお薬を処方してもらうのもよいでしょう。
旅行先で山や川など自然を満喫したい場合は、ノミやマダニ、寄生虫などの付着に注意して、予防薬などを滴下してから出かけましょう。

犬と一緒に泊まれる宿も最近では多くなってきています。
一緒にお出かけして犬との楽しい思い出をたくさん作りましょう。

Doggy Chat

Doggy Chat は、パピーティーチャー(犬の社会化トレーナー・認定ペットシッター)である佐々木家の自宅でのホームステイ形式のドッグホテルです

1日中ケージの中で夜間は無人になってしまうペットホテルに愛犬を預けて旅行に行くことに罪悪感を持つ飼い主さんが多いので、このようなホームステイ形式のホテルを開業しました。
仔犬のころから社会化トレーニングを兼ねてホームステイをしていただきます。
十分に社会化された成犬たちとの交流の中で犬の社会のルールを学び、みんなで楽しくお散歩やお部屋遊びをします。
飼い主さんが旅行を楽しんでいる間、愛犬達もクラスメートと楽しい時間を過ごして飼い主さんのお帰りをお待ちします。

URL: http://www.doggy-chat.com/

clear
ページのトップへ戻る
footer
clear
clear
Copyright © ManpowerGroup Co., Ltd. All Rights Reserved.
clear