総合人材サービス、派遣会社のManpowerGroup

clear
clear

いろいろ学べます! Vol.134

タオに学ぶ~純粋美を引きだし、楽に生きるヒント!~

タオの無為自然の生き方

自分を縛っていませんか?
いますぐ鎖を解き、ありのままのあなたの魅力を引き出そう!

象も願うタオの生き方

」の字のなかに、ある動物が隠れています。なんの動物でしょう?
正解は、「象(ゾウ)」です。この字は、人の手で象を引っぱる形です。大自然の大海原を自由に闊歩する象も、人間に出逢い、鎖につながれ、枠の中の世界に生きなければならなくなりました。人間の手によって「爲(な)」されることで、自由に生きることを奪われてしまいました。
現代の我々人間も、とらわれの象なのでは?知らず知らずのうちに、見えない鎖、見えない檻のなかで、自由を忘れ、生き絶え絶え憂えたりしています。本来の自分というものを見失っていませんか?

混沌

タオのなかに、こんな話があります。
混沌(こんとん)という名の帝がいました。いつも客を手厚くもてなす混沌へ、ある客の二人がお礼をしようと考えました。
「何か喜ぶプレゼントはないだろうか?そうだ!混沌はいつも安らかに生きているが、目耳口鼻などの7つの穴がひとつもない。きれいなものが見えないし、おいしいご馳走を味わうこともできない。かわいそうだから、穴をあけて整えてあげよう!」と。
二人は力を合わせて、せっせと混沌の身体に鑿(のみ)を入れ、一日にひとつずつ、穴を掘っていきました。ところがどうしたことか…七つの穴すべてが整うと、混沌はぐったりしてしまい、死んでしまいました。二人の涙は止まりませんでした。(『荘子』応帝王篇)混沌は、穴のない混沌のままで良かったのに、自然の本来の姿に、穴を開けるという作為によって、命まで奪われてしまいました。

無為自然の道

無為を為す」(『老子』63章)…作為の無い、ありのままの自然体の姿が、ゆったりとした美しさです。そこに生まれる純粋性は、その極限に達したとき、崇高ともいうべき、人を魅了する姿美の光をいっせいに放ちだします。
「象」も、人の手から開放されれば大自然という大舞台をドシドシ踏み鳴らし、長い鼻を子象のブランコに早がわりさせられるでしょう。大きく優しい目を輝かせ、雄大無限に眼光を放ち、宇宙の果てまで波動させるでしょう。
人間も、作為から放れ、自然の道を歩きはじめると、本来の目の輝き、全身からあふれる美しい光を発することができます。あるがままの心の奥から発する光は、あまねく行き渡ります。
タオとは、まさに「無為自然」の生き方のことです。作為・人為を減らし、極限まで削り落とし、あるがまま、自然のままに、シンプルに生きようという考え方です。

世界でひとつの花を咲かせよう

は、まさに無為自然です。花は、誰かのためとか、なんのため、ということではなく、雪が溶けて川が流れ、陽が照れば、それに和して咲きます。人にきれいに見られるため、好かれるため・・・ではありません。
人も花と同じで、あらゆる生命の根源であるタオから生まれ、大いなる自然そのもののなかで、いろいろなご縁や、めぐり合わせのなかで生きているのです。そのなかを無為自然に生きていけば、誰のために咲くのか?なぜ生きるのか?といった疑問も、自我も消え去って、“ありのままの自分”“無心の自分”への気づきがあるでしょう。
人は、なにもかも忘れたその純粋な態度に、その性情の美しさに、魅かれるものです。
純粋さは、生命力への直結ですから、人の心を打たずにはおられないのです。
心の奥から、世界でひとつの花を咲かせましょう!

次回は、「水からもらえる美鏡~理想的な生き方」をご紹介します。

執筆者プロフィール
西林 真紀子(Makiko Nishibayashi)

タオ書画家,博士(中国古代思想)
「タオ書画」は、登録商標です。

大学時代、中国古典書法の技術・理論を身につけ、複数の大学院で、芸術学、
中国古代思想を研究するなか「老荘思想」=タオ(道)に出会う。
2007年 : 中国で日本文化の指導に従事
2009年 : 博士号取得。タオ(老荘思想)の世界を書画で表現する「タオ書画」を創る
2011年 : 世界初の「タオ書画」として登録商標となる
著書 : 新書漢文大系『列子』明治書院出版

タオ書画、タオセミナー、中国古代文化・思想講座、タオアートセラピーなど
タオ書画教室、よみうりカルチャー(錦糸町・川越・荻窪)、青年・生涯教室、
神社仏閣など、各地各所でワークショップ開催。
ワークショップ、作品創作、講演等…各種依頼、お気軽にお問合わせください。

「近日イベント案内」(詳細は、ホームページをご覧ください)
★東京都美術館 「国際書画大賞展」開催 2012年9月1日(土)~7(金)(3日休館)
★「タオ・古代人の夢」のお話し講座 ~「苦」から「楽」に生きるヒントがいっぱい~
  「タオ書画」体験付
  会場:「from Earth Cafe “OHANA” (ふろむあーすカフェ・オハナ)
  2012年9月5日(水) 19:30~(予約制)
★「タオ書画」体験講座
  ~自然にまつわる古代文字絵や、飾れるユニークな素材に自由アート~
  会場:東京都目黒区 アサンテサーナカフェ
  2012年10月27日(土) 16:00~(予約制)  ※予約はメールにお願いします。

アトリエ「タオ書画」
http://www.taomozan.com/

clear
ページのトップへ戻る
footer
clear
clear
Copyright © ManpowerGroup Co., Ltd. All Rights Reserved.
clear