総合人材サービス、派遣会社のManpowerGroup

clear
clear

いろいろ学べます! Vol.28

おいしく食べよう!

夏野菜の保存方法

せっかく美味しい野菜を買ったのに、ほったらかしでは味が落ちるばかりです!今回は主に「夏野菜」の保存方法をご紹介します!

野菜を保存するときの基本は、畑にあるときの状態で保存することです。野菜は収穫後も「呼吸」をしています。呼吸を続けることで自分自身の養分を消費し、水分を発散させながら生長を続けるのです。葉物やねぎなど、上に向かって生長する野菜は立てて保存してください。生長のために余計なエネルギーを使わないので劣化が遅くなります。また、暖かい地方が原産の野菜は冷蔵庫に入れないことが基本です。葉がついている大根やかぶなどは、葉が呼吸を継続しているため、根の養分をどんどん使います。葉を早く切り落とすことが長持ちさせるコツです。このような基本を押さえて、野菜を美味しく保存しましょう!

clear

●みょうが
乾燥させないように霧吹きし、密閉して冷蔵庫へ。またはラップを敷いた金属盆に、
スライスしたみょうがを並べて凍らせ、そのまま外して包み、陶器に入れて解凍。
汁ものには凍ったまま使えます。

clear

●トマト
冷やしすぎは味が落ちます。青いものは室温で赤くしてから冷蔵庫へ。熟れすぎを
止めるときはポリ袋に入れて密封。煮込みに使う時は、カットしてそのまま冷凍しても
OK。またトマトソースやピューレにして保存するのもおすすめです。

clear

●きゅうり
水気を嫌います。良く拭き取ってからポリ袋に入れ冷蔵庫へ。長期の保存は塩漬け
以外に、ピクルスやバター煮でグラッセにして保存してもよいでしょう。

clear

●ピーマン
室温でも数日は持ちますが、夏場は新聞紙に包み野菜ボックスへ。
水分がついていると腐りやすいので、水気をよく拭き取ることがコツ。

clear

●なす
高温を好む野菜で冷やしすぎは禁物です。2-3日の保存なら水分が蒸発しやすい
のでポリ袋に入れ冷暗所へ。冷蔵庫に入れると比較的長持ちしますが、味が落ちる
ので気をつけて。

clear

●とうもろこし
とにかく新鮮なうちにゆでてしまうこと!保存するときは一度ゆでてから冷蔵庫へ。
または、ゆでたあと粒をはずして冷凍すると調理に便利です。

clear

●グリーンアスパラ
ポリ袋に入れ冷蔵庫で保存。冷凍する場合は、2%の塩水で1分間ゆでて
冷水にとり、水気を切ってポリ袋に入れて保存します。

clear

●かぼちゃ
丸ごとの場合は風通しのよい冷暗所に置いておくと2-3カ月は持ちます。
カットした物は必ず種を取り、冷蔵庫へ。好みの大きさに切って蒸し、
冷凍しても良い。

clear
photo

大地を守る会

株式会社 大地を守る会

大地を守る会は農薬に頼らない野菜宅配のパイオニア。
35年間皆様に安心・安全をお届けしております。
ご入会、お問い合わせはこちらから。

●お電話 0120-158-183
●WEB www.daichi.or.jp

※お届け日指定可能なウェブストアもご用意しております。
http://store.daichi.or.jp

ページのトップへ戻る
footer
clear
clear
Copyright © ManpowerGroup Co., Ltd. All Rights Reserved.
clear