総合人材サービス、派遣会社のManpowerGroup

clear
clear

いろいろ学べます! Vol.45

使えるOfficeテクニック

フォントについて

■フォントの種類、等幅フォントとプロポーショナルフォント

文字の書式設定の際に「フォント」という言葉が出てきます。文字の書体のことです。また、「ポイント」は文字の大きさのことです。
新規作成の際、ワードでは「MS 明朝、10.5ポイント」、エクセルでは「MS P ゴシック、11ポイント」で設定されます。このフォントの種類とポイント数は、編集時に文字ごとに変更可能です。必要に応じてフォントを変更すると、文章の印象を変えることができます。

日本語フォントの種類ですが、大きく分けると主に「ゴシック体」「明朝体」になります。ゴシック体は角ばった書体、明朝体は止めはねのある書体です。

また、「MS P ゴシック」のようにPの付くフォントは「プロポーショナルフォント」といって、文字ごとに幅が調整されています。そのため文字間隔が詰まり、バランスの取れた体裁の文章を作成することができます。
逆に文字の幅が全て同じ「MS ゴシック」のようなフォントを「等幅フォント」といいます。

ところで、プロポーショナルフォントを適用した文章で、二行目以降の頭落しや文字数の違う項目を同じ幅に揃える際にスペースで揃えようとするとうまくいきません。それはスペースと他の文字の幅が異なるからです。

ワードやパワーポイントでは、頭揃えは「インデント」「タブ」、異なる文字数を同じ幅に揃えるには「均等割付」という機能を利用して文章の体裁を整えます。

clear
photo
フロンティアリンク株式会社

フロンティアリンク株式会社

東京(麹町・銀座・月島)、大阪(梅田)、名古屋、札幌、仙台、水戸、岡山、広島、福岡、那覇
ホームページ :http://www.frontier-link.jp/education.php
電話 : 0120-128-369(全国共通フリーダイヤル)

マンパワーグループ登録スタッフの方は、ご受講の際に割引があります。
>>詳しくはこちら

ページのトップへ戻る
footer
clear
clear
Copyright © ManpowerGroup Co., Ltd. All Rights Reserved.
clear