総合人材サービス、派遣会社のManpowerGroup

clear
clear

いろいろ学べます! Vol.72

進化する女性のためのキーワード集

世界を救う?「プラネット・ウーマン」

ファッション雑誌に社会的な記事を盛り込む――という考えでマリ・クレールという雑誌を編集し始めたのが、2004年のこと。
女性が、ファッションや化粧品のことしか考えていないなんてことはもはやありえず、つねにニュースをチェックし、仕事でも社会的意識を高く持つ女性ならば、おしゃれと社会問題は、もはや一体化しているはず、ましてや9・11のあとの時代では――というのが、そのときの考えでした。

日本の出版界では、じつはこうした考えは通らず、「ファッションの横に社会的な記事を入れる?」「女性はそんなことに興味ないだろう」とする保守的な考えも根強くあったのですが、幸いなことに、私が所属していたのは、外資系の出版社、社長はフランス人でしたので、この新しい考えは受け入れられました。

こうして始めた社会派のファッション誌として、少しでも広く、継続的にスピリットを伝える方法として、年間キャンペーンを考えました。2005年度には「ホワイト・キャンペーン〜赤ちゃんとこどもの命を守ろう」、2006年には「LOVEキャンペーン〜愛のエンゲル係数を高めよう!」、2007年には「プラネット・キャンペーン〜世界規模で考えよう!」、2008年には「ローズ・キャンペーン〜発展途上国の子どもたちに教育の機会を!」と、チャリティや社会貢献を絡めてメッセージを発信し続けました。

2007年に展開した「プラネット・キャンペーン」の中で、「プラネット・ウーマン」は立ち上がりました。「グローバルな視野を持って、地球全体、未来をも見据えてアクティブに活動する女性」という意味で、プラネット感覚をもった女性と定義づけました。

歴史に名を残さずとも家族のため、地域のため、国のため、地球のために尽くした女性たちは数多くいます。「プラネット・ウーマン」は、目立った知名度の高い女性をさすというわけではなく、実質的にプラネット感覚で生きた女性すべてを指す言葉です。

20世紀に入って、女性の社会進出も進み、多くの女性がグローバルな活躍を遂げ始めました。とはいえ、雑誌の編集を通して感じたことは、日本人に関していえば、「自国のことにしか興味ない人が多い」という印象が強くあるように思えたのです。

島国根性、鎖国現象などなど、日本人の「井の中の蛙」論は根強いですが、いまだ視野の広がりきれない点があるとしたら、それをこれから大胆に変えていけるのは、既成概念に捕われず、自由な発想で動ける女性たちではないかと思うのです。

そこで、ふたたび、ここで、「プラネット・ウーマン宣言!」。以下に「プラネット・ウーマン」の三か条を提示します。

第一に、「つねに地球規模の視野で、物事を考えている」。すべての社会問題は、グローバルな視野で見ていくと、新たな解決策に必ず行き着くと思うのです。グーグル・アース感覚で、手の平の上に、地球を乗せている図など思い浮かべる瞑想、一日に一回、3分くらい集中してみるとよいかもしれません。

第二に、「10年後、20年後と、未来に思いを馳せている」。私生活でも、仕事でも、課題があるとき、既成概念や規制の枠に捕われずに未来に思いを馳せると、新しい視点が生まれます。

第三に、「WIN-WINな状況であるかを考える」。誰かの犠牲の上に成り立つ繁栄は、20世紀の負の遺産です。21世紀は、繁栄を分け合う「WIN-WIN」の時代。一人勝ち、自己中はさておいて、エシカル、トレーサブルな発想で、すべての問題に取り組んでいきたいと思うのです。

これらの三条件を満たした生活のベースは、何より、自分自身が元気であること。ヘルス&ビューティの管理も、プラネット・ウーマンの仕事のうちなのです。

このプラネット・ウーマン構想は、ワークライフバランスや子育て理論にも生かせるはず。地球規模、未来思考、WIN-WIN の生き方は、地球を救う!といって過言ではないと思います。日本からより多くの「プラネット・ウーマン」が飛びたちますように!

clear
photo
clear
生駒 芳子 (Ikoma Yoshiko)

プロフィール
生駒 芳子 (Ikoma Yoshiko)

VOGUE、ELLEを経て、2004年よりmarie claireの編集長を務めた後、2008年に独立。現在はファッション、アートからエコ、社会貢献、ライフスタイル、女性の生き方、クール・ジャパンプロジェクトまで広い視野でトピックを追い、執筆、講演、プロジェクト運営を通して、新しいメッセージを発信するジャーナリスト、プロデューサーとして活躍中。

Blog : 1oven.com / blogs.glam.jp
Twitter : yoshikoikoma

ページのトップへ戻る
footer
clear
clear
Copyright © ManpowerGroup Co., Ltd. All Rights Reserved.
clear