総合人材サービス、派遣会社のManpowerGroup

clear
clear

いろいろ学べます! Vol.75

美味しい日本茶を飲もう!

玉露編

「玉露とは?」

高級茶として知られている玉露。その独特の旨みやまったりとした甘みは、玉露ならではの栽培方法にあります。茶葉を摘み取る前の約20日間、茶畑に覆いをし、直射日光を遮ることで、渋み成分のカテキンが抑えられ、旨み成分のテアニンが増加し、玉露特有のとろりと濃厚な甘み旨みが生まれるのです。
茶葉は煎茶よりもさらに深い緑色で、針のように細長い形状をしています。 玉露は小ぶりな玉露茶碗で、多めの茶葉から抽出したとろりと濃い茶味を楽しみます。

「美味しい玉露の淹れ方」

  茶葉の量 お湯の量 お湯の温度 抽出時間
玉露 5g 30~35ml 40~50℃ 2~3分
① 急須と茶碗にお湯を入れ、茶器を温める
② 沸騰したお湯を湯冷ましに入れる
③ 急須のお湯を捨て、人数分の茶葉を入れる
④ ②で適温まで湯冷まししたお湯を急須に注ぎ、すぐに蓋をし、2~3分蒸らす
⑤ 温めておいた茶碗のお湯を捨て、少しずつ回し注ぎし、濃度や量が均等になるように最後の1滴まで注ぎきる
【ポイント】
  ・旨味が凝縮した最後の1滴を注ぐことで、コクのあるお茶に仕上がる
夏場は冷水で淹れると、さらに甘みが増して美味しくいただけます!
冷水は必ず一度沸騰させたお湯を冷まして使いましょう。またお湯で淹れる場合よりも茶葉を浸す時間を長く取ることが美味しく仕上げるポイントです。

美味しさを保つ保存方法のコツ!

せっかくの美味しいお茶でも、保存状態が悪いと味わいや香りが落ちてしまいます。そこで、茶葉を美味しく保つための保存方法のコツをお教えします。

直射日光高温多湿な場所を避ける

○ 空気に触れないように、密閉できる容器に保存する

香りが強いもののそばには置かない

○ 2週間以上保存する場合は、密閉できるビニール袋に小分けにし、冷蔵庫または冷凍庫で保存
(注意:開封する際は、常温に戻してから封を開ける)

clear
photo
clear
T&Comfort JAPAN

プロフィール
(株)ティーアンドコンフォートジャパン
代表取締役 江口 みどり

聖心女子大学卒業後、一部上場企業で社長秘書として10年間勤務。その後、和文化の教養を深めるため、都内呉服店にて和のイベント企画・運営、着付け講師などを経て独立。2009年3月、株式会社ティーアンドコンフォートジャパンを設立。 現在、企業向けマナー研修、着付け教室、六本木ヒルズやカルチャースクールにて日本茶講座を開催。

ページのトップへ戻る
footer
clear
clear
Copyright © ManpowerGroup Co., Ltd. All Rights Reserved.
clear