総合人材サービス、派遣会社のManpowerGroup
MENU
閉じる

死ぬまで働く予定と回答したミレニアル世代、日本が一位
労働白書「ミレニアル世代のキャリア 2020年に向けたビジョン」発表

ニュースリリース
死ぬまで働く予定と回答したミレニアル世代、日本が一位
労働白書「ミレニアル世代のキャリア 2020年に向けたビジョン」発表

2016年5月24日

総合人材サービスのマンパワーグループ株式会社(本社:神奈川県横浜市、取締役代表執行役社長:池田 匡弥)の親会社である米国マンパワーグループ株式会社グループ(本社:ウィスコンシン州ミルウォーキー)は、労働白書「ミレニアル世代のキャリア 2020年に向けたビジョン」を発表しました。

2020年、ミレニアル世代※が世界のワークフォース(労働力)の3分の1以上に

本調査では、日本を含む25ヵ国のミレニアル世代19,000人と、採用担当者1,500人以上を対象に、仕事に何を求めるか、彼らが望む能力開発の機会、会社に残りたいと思う理由などを尋ねました。
※ミレニアル世代とは:ジェネレーションYと同義で、1982~1996年生まれ(現在の20~34歳)の集団

ミレニアル世代の行く手には、キャリアのウルトラマラソンが待ち受けている

ほどんどのミレニアル世代は、前の世代より長い期間働くことになると考えています。調査対象者の半数以上が、65歳以降も働くと想定しており(日本は72%)、“死ぬまで働く予定”との回答は、調査対象国内で日本が一位(37%-世界平均12%)となりました。

ミレニアル世代のキャリア 2020年に向けたビジョン

ミレニアル世代とそれ以前の世代間に違いはあるのか、あるとすればそれはどのような違いか

本白書は、優秀なミレニアル世代を21世紀のワークフォースとして惹きつけ、採用、育成し、その意欲を高めるための提言を示す実践的なガイドブックです。

◇労働白書「ミレニアル世代のキャリア 2020年に向けたビジョン」の詳しい内容は、下記からご覧ください。
労働白書「ミレニアル世代のキャリア 2020年に向けたビジョン」

◇労働市場の現状と将来を見通し、次に何が起こるかを予測する「マンパワーグループ リサーチセンター」
マンパワーグループ リサーチセンター

<報道関係の方からの本件に関するお問合せ先 >
マンパワーグループ株式会社 広報室 田村
TEL:03-6860-6037

戻る