Vol.15 スタッフインタビュー

マンパワーグループから、現在さまざまな就職先で
働いている方々、そしてマンパワーグループを卒業して
活躍している方々にインタビューしています。

今井 明子さん 「私にとっての派遣期間は、なりたい自分になる為の、大切な時間でした。」 今井 明子さん petit shu~プティ シュウ 代表

マンパワーグループの第一印象について教えてください。

登録時からずっとそうですが、受付の方の対応がとても親切で、営業の方も若くて活気のある方が多く好印象でしたね。私の話を真剣に聞いてくださり、丁寧に対応していただいて、こちらが恐縮するほど(笑)。またお仕事の紹介も早くて、提示した条件に対しても常にクリアしていたので、不満はありませんでした。派遣で働いている方の中には「複数の派遣会社に登録している」という方もいましたが、その必要性を感じたこともありません。さすが大手のマンパワーグループです。
そして、マンパワーグループを選んでよかったと思うのは、デキル派遣スタッフの方が多いことです。派遣先で刺激を受けたり、切磋琢磨しあえる。そんな出会いはとても貴重だと思います。そういった方々といっしょに働くことで結果的にパフォーマンスが高くなり、マンパワーグループの全体の評価にもつながり、好循環を生んでいるのではないでしょうか。だからお仕事の紹介で待つことがなかったのかもしれません。

派遣とベビーマッサージの両立について教えてください。

両立していた期間は、2年半です。平日は派遣で働き、土日はセラピストとして活動していました。体力的には決して楽ではありませんでしたが、やっぱり好きなことをしていますから、苦労よりも楽しさの方が圧倒的に勝っていましたね。ただ、ある年は9月・10月の2ヶ月間が派遣先の繁忙期と重なったため休む間もなく、さすがに大変でした。年末に疲れが出てダウンしてしまいましたから。
この両立の期間に身に付いたのは、ON/OFFの切り替えです。週末にセラピストになることで、派遣先での悩みをいつまでも引きずるようなことがなくなりました。その分の時間をもっと広い世界に向けることができるようになり、気持ちの切り替えが上手になったと思います。

セラピストのやりがいやこれからの目標について教えてください。

ベビーマッサージのセラピストは、大げさにいうと未来を担う子供たちの成長を支える仕事。育児に自信の持てないママや夜泣き・寝つきに悩むママをお手伝いすることで、子育てスキルの向上につながっていくと考えています。とはいえ、ベビーマッサージをしなくてもスクスクと育つ赤ちゃんもいますから、私の教室に参加してくださった方々には「来てよかった」「悩みがなくなった」「自信を持てるようになった」と思ってもらえるように取り組んでいます。今後の目標は、ベビーマッサージが「子育てスキル」として広く周知されるように活動していくこと。そして教室と合わせて、セラピストの養成講座も開講しているので、育児に役立つママのスキルとして、ベビーマッサージを広めていける仲間を増やしていきたいですね。

今、派遣でがんばっている方々にエールをいただけますか?

派遣は非正規で期間もありますが、自分の将来を考えるうえではプラスαもたくさんあります。私はさまざまな企業で働き、多くの人と出会いましたが、これは「派遣」という働き方だったからこそ得られたもの。また私にとっての「派遣」は、なりたい自分になれるまで、考える時間・決断する勇気・続ける自信を与えてくれました。どれも今の自分をつくる財産です。そんなふうに前向きに考えていくことが良いと思いますよ。目には見えなくても、そのときはわからなくても、価値あるものがたくさんありますから。

取材・撮影協力/petit shu~プティ シュウ
(赤ちゃんとママのふれあいおうち教室)
URL/http://www.petitshu.wix.com/aloha

マンパワーの派遣サービス

お仕事情報サイトJOBNET

お仕事をお探しの方

企業のご担当の方

会社概要

採用情報