総合人材サービス、派遣会社のManpowerGroup

clear
clear

輝いている先輩達! Vol.1

甕 美寿々さん 「やっぱり接客業が好き いつかは自分のお店を持ちたい」
甕 美寿々さん もたい みすずさん レセプショニスト

現在のお仕事について教えてください

甕 美寿々さん

六本木ヒルズにある、新(ARATA)というレストランでレセプショニストをしています。ご予約への対応、配席、お客さまのご案内やお見送りが主な仕事です。レセプショニストは、いわばお店の『顔』。わざわざご来店くださったお客さまが、心地よく時間を過ごされるよう、責任をもって対応しています。
たとえば新(ARATA)は、ゆったりとくつろげるラウンジスペース、職人との会話を楽しめるカウンター、明るくオープンなメインダイニングなど、セクションごとに違う楽しみ方ができます。ですから、ご来店された時の雰囲気からニーズを読み取り、ワイワイ楽しみたいといった感じのお客さまはメインダイニングへ、まったりと過ごしたい、という感じのお客さまはラウンジへご案内するなど、最高の時間のご提供を心がけています。
お客さまがお店を気に入ってくださって、何度も足を運んで下さるようになると、本当にうれしいですね。

今のお仕事を選んだきっかけは?

サービス業の神様、と言われている新川義弘社長(株式会社 HUGE)の元で働きたかったからです。実はアメリカ時代に経験があるウェイトレスに応募したのですが、レセプショニストでどうか、と聞かれ、すぐに”面白そう”と思って引き受けました。新しいことにチャレンジするのが大好きなんです。
レセプショニストは私ひとり。不安もありますが、チームのみんなが助けてくれますし、お客さまとのやりとりを大切にした、自分なりのレセプションを心がけています。
高校、大学とアメリカで過ごし、私のキャリアヒストリーは、アメリカの飲食店での接客業からスタートしました。その後、帰国して、事務、営業など、いくつかの職業を体験してみて、やはり、飲食を仕事にしたい、と思いました。別の仕事を体験したからこそ、はっきりと自分のやりたいことが見えたんだと思います。

マンパワー時代の経験が今のお仕事に生かされていますか?

甕 美寿々さん

マンパワーでは、英文事務のオフィスワークを経験しました。約1年間の就業を通して、エクセルでの係数管理スキル、ビジネス文書の作成スキル、受発注管理スキルなどを身につけることができました。
飲食店では、お店全体をチームとしてまとめていくことに加えて、勤務シフト表の作成、売上や原価の管理、発注など、店の全体の運営を徐々に任されていきます。
ですから、今後、飲食業でキャリアを積んでいく上で、事務職時代に身に付けたスキルが、大きく役立ってくれると考えています。
それに、長く日本を離れていて、一度も日本で働いたことがなかった私にとって、派遣という働き方は、日本の会社と仕事を体験してみる意味で最適でした。自分スタイルで働ける、という意味でも特に女性にとっては、働き方の1つのよい選択肢ではないでしょうか。

将来の夢を教えてください

お客さまと地域に貢献できるお店づくりを目指し、スタッフとのコミュニケーションを図りながら、自分のモチベーションを上げて、少しづつ成長し、店長はほど遠い存在ですが、お店全体を見られるようになりたいと思っています。
そしていつかは、自分のお店を持ちたい。外国人の方にも喜んでもらえるような小さくてもアットホームなお店。バーにはこだわりがあります(笑)。焦らず、しっかりと経験を積みながら、前へ進んでいけたら、と思っています。

取材・撮影協力/新(ARATA)

取材・撮影協力 / 新(ARATA)
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ
ヒルサイドB2F
TEL:03-3478-5881
URL:http://www.a-ra-ta.com/

clear
ページのトップへ戻る
footer
clear
clear
Copyright © ManpowerGroup Co., Ltd. All Rights Reserved.
clear