総合人材サービス、派遣会社のManpowerGroup

clear
clear

輝いている先輩達! Vol10

坂部 美紀さん女性が長く勤めることができ、安心して働ける会社と出会うことができました
坂部 美紀さん 東京エレクトロン デバイス株式会社

マンパワーとの出会いについて教えてください。

マンパワーに登録する前は、六本木の外資系ホテルでサービス業務に携わっていました。そこに就職する前に1年半オーストラリアに留学していたため、身に付けた語学力や学んできたホスピタリティを生かしたいという気持ちで取り組んでいました。ホテルでの仕事はとても楽しかったのですが、結婚を機に住まいも変わり、通勤が大変になってしまったのです。それで退職を決め、英語力を生かせる事務系の仕事がないか探し始めた時に、マンパワーと出会いました。いくつか派遣会社には登録にいきましたが、マンパワーという会社を知っていたこと、担当してくれたコンサルタントの方が親身になって対応してくれたことが決め手になりましたね。当時は「ホテルでキャリアアップするか」「事務職でがんばるか」「あとどれくらい働いていくのか」など、いろいろと迷っていた時期で、そんな私の迷いを理解してくれたのはマンパワーだけでしたから。

派遣で働きはじめ、どんなふうにステップアップしていきましたか?

紹介していただいたのは、法務事務のお仕事。最先端の半導体製品・ボード製品などを扱う商社で、それまでとは全く異なる業界です。法務関連という分野も初めてで、さらに私が1人で担当する業務の幅も広かったため、最初は手さぐりの状態。慣れるまでに半年くらいはかかったと思います。不明点は迷わずに確認し、同部署の方々に支えられながら、仕事のペースをつかんでいきました。そして同時に「ビジネス実務法務検定試験」を勉強。3級、2級に合格したことや資格取得の勉強を通して業務への理解が深まり、少しずつ業務領域も広げていけるように。他部署の方からの問い合わせなどにも、スムーズに答えられるようになり、徐々にやりがいも大きくなっていきました。法や契約関連の知識など知らないことばかりではありましたが、逆に先入観なく知識を吸収できたことは良かったと思います。

今の仕事のやりがいは何ですか?

3年弱の期間、派遣として働くなかで正社員雇用のお話をいただき、2011年1月より正社員として新たなスタートを切りました。正社員になってからは、さらに業務領域が広がり、以前より積極的に活動できるようになって、より大きな責任感とやりがいを感じるようになりました。私の所属する「法務・知財室」という部署を社内でもっと身近に感じてもらえるように、メールで問い合わせなどがあれば直接電話をかけてみる。関係部署の方々とは、なるべくFace To Faceで接し、コミュニケーションをしっかりと取る。といったことを問い合わせ等には早めに対応を行うことも併せて普段から意識しています。それによって、初めは堅い話し方だったのが変わっていくと、徐々に他部署とのつながりを自分なりに身近に感じ、うれしくなるんです。また当社では出産・育児後に復職する女性が比較的多く、長く続けられる環境が整っており、それがモチベーションにもつながっていますね。

今、派遣でがんばっている方々にエールをいただけますか?

派遣の魅力は、いろいろな会社を見ることができ、フレキシブルに働き、ステップアップできることではないでしょうか。そのために、まずは目の前の仕事にきちんと取り組む姿勢が大切。そうすることで周囲との信頼関係が生まれ、自分にとっても働きやすい環境が自然とできていくからです。これは業界問わず共通していることだと思います。また私の場合は、未経験の職務にチャレンジできたため、仕事を通して学べた環境も良かったですね。それにマンパワーの担当者に相談に乗ってもらったり、アドバイスをもらったり、いろいろと支えていただきました。不安を払拭してくれる担当者を頼りにすることで、モチベーションがアップすることもあると思いますよ!

取材・撮影協力/東京エレクトロン デバイス株式会社
URL/http://www.teldevice.co.jp/
ページのトップへ戻る
footer
clear
clear
Copyright © ManpowerGroup Co., Ltd. All Rights Reserved.
clear