総合人材サービス、派遣会社のManpowerGroup

clear
clear

輝いている先輩達! Vol.7

石川 佑子さんマンパワーでの経験が今の自分の基礎。スキルだけでなく自信までつけてくれました
石川 佑子さん

数ある派遣会社のなかでマンパワーを選んだポイントは何ですか?

私はマンパワーに登録する前、営業職でした。「オフィスワークにチャレンジしたい!」と関心をもったものの、事務経験やパソコンスキルがなかったために、転職活動をするなかで正社員採用は難しいと感じました。そこで「派遣」を選び、いくつかの派遣会社に登録したんです。とはいえ、やっぱりどの派遣会社からも「未経験者向けのお仕事はほとんどない」という状況でした。そんななか、マンパワーには未経験でも挑戦できるお仕事があったんです。しかも登録後すぐに仕事を紹介してくださり、「働きながら1からスキルを身につけられる」ということで私にとっては願ったり叶ったりのお仕事。営業担当の方もとても親身に接してくれたので「ここでがんばりたい!」という気持ちを強く持ったのを覚えています。社会人経験も浅かった私には"やさしい派遣会社"という印象でしたね。

未経験からどんなふうに成長できましたか?

立ち上げたばかりの新規事業部に配属されました。まだ部署がスタートしてまもない頃は、仕事量が比較的少なくて一つひとつの業務に丁寧に取り組めたことが良かったと思います。当時は入力さえ覚束ないほどでしたから(笑)。それに周囲にはオフィスワークのベテランの先輩たちがいて、ソフトの使い方を指導してくださったり、ITには無縁だった私に派遣先の社員の方がパソコンやサーバーについてわかりやすく教えてくださったり。職場環境に恵まれたことも自分を成長させてくれた要因です。「オフィスワークで正社員を目指す」という当時の目標に着実に進むことができたのも、周囲の方々のおかげですね。新規事業部では法人向けの注文書手配や見積書作成などを主に担当。軌道に乗ってくると次第に仕事量が増えて大変になってきましたが、その頃にはだいぶパソコンにも慣れていたので少しずつ自信もついてきました。それを2年経験し、次は同じ派遣先の営業グループ付のセクレタリーに。ステップアップの道をちゃんと用意していただけたのは嬉しかったです。

正社員への転職に挑戦しようとしたきっかけは何ですか?

営業グループ付のセクレタリーとして約1年間、フォーキャスト、売上管理、各種データのアップロード、航空券・宿泊手配、英文翻訳、海外との電話応対など、営業事務のとき以上に幅広い業務に携わるようになりました。そのなかでオフィスワークにおけるさらなるスキルアップへの関心が強まっていったのです。「自信がついてまた次のステップに進みたい!」という意欲が沸々とわいてきました。また「派遣先の居心地の良さにこのまま甘えていてはいけない!」という気持ちもあったと思います。
転職活動ではさまざまな業界をチェックしましたが、ソフトバンクBB株式会社を選んだのは、派遣で身につけた知識やスキルをいちばん生かせそうな会社だと思えたからです。今の仕事はオフィスワークのほかに内勤営業も担当しています。外勤営業の方とパートナーを組んで、クライアントにIT関連の製品(全部で約2万アイテム)を提案する仕事です。派遣時代よりもさらに幅広い知識が求められ、クライアント対応やメーカーとの交渉なども任されるようになりました。大変ですが、その分裁量を与えられるのでやりがいも大きいです。仕事がうまくいき、クライアントやメーカーの方から感謝の言葉をいただけるとモチベーションもグーンと高まります。派遣時代はクライアントとの接点はなかったので、良い経験をさせてもらっています。

これからの夢と今派遣でがんばっている方々にメッセージをいただけますか?

実は私はもうすぐママになるんです。「夢」というと大げさですが、産休・育休後に復帰してバリバリと働くママを目指しています!それからメッセージとしてお伝えしたいのは、「派遣」はいろんな可能性を見つけられる働き方だということ。今の自分の基礎は、マンパワーで派遣スタッフとして働きながら培ったもの。未経験だった私に新しい可能性を気づかせてくれたからこそ、今の自分があるのだと思っています。「派遣」はいろんな企業や職場を経験できるので、得られるものはたくさんあるはず。また働き方という点では結婚や出産・育児後に社会復帰しようと考えている方にもいいかもしれませんね!

取材・撮影協力/ソフトバンクBB株式会社
URL/http://www.softbankbb.co.jp/
clear
ページのトップへ戻る
footer
clear
clear
Copyright © ManpowerGroup Co., Ltd. All Rights Reserved.
clear