コピーライターの年収はどれくらい?仕事内容やなり方まで詳しく解説

06.copywriterr-salary.jpg

毎日、目にする多くの広告に目をひくキャッチコピーがありませんか。最近はWebメディアの増加などでライティングの仕事が広がっています。そのため、コピーライターのニーズも高まっておりコピーライターを目指す人も増えています。この記事では、コピーライターの気になる年収やコピーライターになる方法、有利な資格まで解説しています。ぜひ参考にしてください。

コピーライターの年収

コピーライターはクリエイティブ職ですので、年収は個々人の経験やスキル、実力によって大きく差が出ます。
年収1,000万以上稼いでいる人の話を耳にして、それを目標としている方もいるかもしれません。ここでは、会社員、フリーランスそれぞれに分けて目安となる年収を解説します。

会社員の場合

会社員の場合は、年収の目安は300~650万円です。会社の規模によっても年収が左右されます。たとえば小企業では300万円前後、中企業では400~500万円程度、大企業では500~650万円程度と考えてよいでしょう。

年齢によっても差があり、20代の場合は250万程度にとどまる場合もあります。また、会社員では勤続年数次第で給与がアップしていく可能性がありますから、40代になるまでに年収600万円程度を目指せる可能性があります。

フリーランスの場合

年収の目安は200~300万円と、会社員として働くよりも少額になる可能性が高いです。企業に勤めた後フリーランスとして独立する場合、クライアントと案件ごとに価格を交渉しなくてはいけません。

文字量・ライターの実力・掲載媒体や発注元との関係性などを考慮したうえで報酬が決められます。有名なコピーライターになれば仕事の依頼が舞い込んできて年収1,000万円以上になることもありますが、そのようになるには、多くの結果を出していくことが求められます。

コピーライターの仕事内容

コピーライターの仕事は、企業のクリエイティブ部などの部署でマスメディア広告や記事広告などに使われる、ブランディングのためのキャッチコピーを考えることです。コピーライターは、クライアント企業から依頼を受けて仕事を進めます。

会社員の場合、自社商品や他社商品の営業やディレクター、デザイナーなどの職業の人と連携をとって仕事をすすめます。フリーランスであれば通常、商品のネーミングなどのコンペに応募し、採用されることで仕事や報酬を得ます。

最近ではプランナーなどのクライアントとともに、商品の開発やネーミング・コンセプト考案などに携わるケースもあります。コンペも多く開催されていますので、応募の機会も増えていると言えます。

コピーライターとして必要なスキル

コピーライターは、言葉を選び短い文で人の心を掴み、商品やサービスなどに興味をもたせる仕事ですから、文章を書くことが好きなことが前提となります。さらに、ひらめき、センスだけでなく言葉を正しく使え、クライアントの要望を言葉で言い表す力が必要です。
コピーライティングはマーケティング戦略の一つで言葉遊びではありませんから、商品やサービスを正しく理解、把握し、消費者の行動などを分析する力も重要です。

会社員は関わる分野が偏ることも考えられますが、フリーランスはさまざまな分野に挑戦するチャンスもあるので、果敢に挑んでいけるチャレンジ精神も必要となるでしょう。

また、クリエイティブな能力だけではなく、クライアントへの対応や仕事相手との調整など、コミュニケーションスキルや交渉力も必要です。

コピーライターとして役立つ資格

ここでは、コピーライターとしての実力を積んだり、スキルをアピールしたりすることに役立つ資格を紹介します。

実用ライティング検定

実用ライティング検定は、女性ライターを育成する事業であるLETSの修了認定ともなるものです。試験は3級、2級が実施されており、誰でも受験することができます。初心者はまず基礎の3級の取得を目指すとよいでしょう。試験にはコピーライティングスキルを磨くための内容も含まれています。

検定の目的は読者にとって読みやすい文を書く力を育て、情報の伝え方を学ぶことです。ライターとして最低限度必要なスキルを理解できるようになっています。

Webライティング能力検定

表現技法や文の基礎的な書き方から、Webライティングとして効果的な文章の書き方までを測る検定です。実践力が身につくため、既に多くの企業が社員に受験を推奨しています。試験は3級から1級まで用意されており、2級からはプロライター向けの試験とされています。初心者はまず3級の取得を目指すのがおすすめです。

公募での入賞経験

公募での入賞も、実力を示す重要な経験です。代表的な賞が「宣伝会議賞」です。キャッチフレーズやCM企画を広告表現のアイデアとして応募する公募です。

クリエイターを目指す人なら誰もが受けられる「一般部門」と、中高生のアイデアを募る「中高生部門」があり、コピーライターの登竜門としての扱いを受けています。グランプリを獲得すると十分なアピールポイントになりますので、公募にも積極的に応募してみるのも一案です。

コピーライターになる方法

ここでは、コピーライターになるための方法を紹介します。派遣社員として始められる方法もありますから、参考にしてください。

広告代理店や制作会社に就職もしくは転職する

コピーライティングを扱う業界や会社、コピーライターを募集している会社に就職・転職することが考えられます。しかし、これらの業界は人気があり、コピーライターと採用されるのは狭き門です。コピーライターが活躍する広告代理店や制作会社、さらに新聞社やテレビ局・ラジオ局などで求人がされているかチェックするアンテナを張っておきましょう。新聞社やラジオ局などでも、コピーライターを募集するケースもあるからです。

その他の方法

コピーライティング業務ができる化粧品メーカーなどの他の業種の企業に入社し、コピーライターとしての経験を積むのも一つの手です。大手広告代理店では経験・実績のあるライターが求められますから、経験があれば転職に有利になるでしょう。

また、コピーライター養成講座などで広告会社の社員と縁ができたことで仕事を紹介してもらえるケースもあります。コピーライターになるには、人脈作りも大切になるのです。

また、正社員でなくても、契約社員や派遣社員、アルバイトという働き方もあります。通常の派遣会社だけでなく、コピーライターに特化した専門的な会社もあるので、調べてみるとよいかもしれません。


まとめ

コピーライターの年収はスキルや経験、会社員やフリーランスといった立場でも変わります。コピーライターにはセンスだけでなくコミュニケーションスキルが求められ、幅広い分野を扱う広告代理店などへの就職・転職は狭き門の場合が多いことも分かりました。

マンパワーグループでは、さまざまな業界・職種の求人情報を掲載しています。コピーライターになるには他の業界の経験が有利になることもあります。どのような仕事があるか一度見てみてはいかがでしょう。

TOPへ