vol3.生命保険会社のヘルプデスクで働く先輩ママの声

内田 真希さん

内田 真希さん(神奈川県在住)

凛とした表情が印象的な内田さん。今は生命保険会社のヘルプデスクで受電のお仕事をされています。 ご主人と1歳8ヶ月の男の子の3人家族。

内田さんの一日

05:45 起床
朝食の準備
06:30 子どもと旦那さん起床
子どもと一緒に朝食
子どもの連絡張の確認・自分の身支度
07:00 子どもを保育園へ送る
08:30 出社
09:00 仕事開始
13:00 退社
13:30 帰宅
昼食
洗いもの、洗濯物取りこみ
15:00 保育園へお迎え
17:00 帰宅
夕食の準備
18:00 子どもと一緒に夕食
19:00 子どもとの時間、お風呂
20:30 寝かしつけ

内田さんのキャリア、そして両立のスタートを教えてください。

プログラムの勉強をしていたので専門学校を卒業してシステム開発の会社に入社しました。その後、あまり向いていないと感じ、約1年で退職しました。
未経験でも出来るお仕事を探していて、時給が高かったことと、正社員になれる可能性もあると思い派遣で働き始めました。
前職は福岡の健康食品会社でシステムサポートのお仕事をしていました。
そこではキラキラ輝いて働いているママたちが沢山いたので、私もこうなれたらいいなぁ...と。そういうお手本になる皆さんがいたから、子どもが欲しいと思ったし、出産しても働こうと心に決めたんです。

その後、在職中に出産し、産休を取得していましたが、主人の転勤のため、横浜に行くことになり退職しました。
復職のきっかけは元々、子どもを産んでも仕事をしようと決めていましたし、横浜に知り合いがいなかったのでお仕事をした方が知り合いができるかなという気持ちもありました。
福岡にいる時にマンパワーでお仕事を2回ご紹介頂いて、どちらも派遣から正社員に切り替えて頂きました。
その際に担当の方にしっかりフォローして頂き、安心して働くことができたため、またマンパワーでお仕事がしたいと思っていました。その後、ヘルプデスクのお仕事をご紹介頂き、経験があったことと、就業時間が9:00-13:00だったこと、家から近いこともあり両立できると思いスタートしました。

実際に両立をスタートした時はどうでしたか?

働きだす前はフルタイムで働けるだろうと思っていましたが午前中だけで精一杯でした。よく風邪をひいて、すぐ熱を出して、治ったと思ったら私にうつって...。1ヶ月の半分くらいしか出勤できなかった月もあります。
でも職場の皆さんのご理解があるから続けることが出来ていて本当に感謝しています。
午前中だけの仕事でも疲れるし、保育園が遠く送り迎えが大変だし、主人の帰りも遅く夫婦で話す時間も取れないけど、仕事をしていた方が、自分にとっても子どもにとっても「良かった!」と感じることも多いんです。
中でも良かったなぁと思うことは息子が保育園に行き出して、基本的な「いただきます」「ごちそうさま」を覚えてくれたこと。色々出来るようになって帰ってくるので、本当に保育園様様で、行かせて良かったなぁと思います。

今の生活は?

保育園に預ける初日から人見知りをしなくて、行って来るねと言っても無視されていたのですが、最近わかってきたみたいで、体調が悪くて数日休んでから保育園に行くと泣いてしまいます。申し訳ないなと思ったりもしますが、母親として認識されていると思うとちょっと嬉しかったりもします。
保育園の送り迎えは電車で移動のため大変なこともありますが、息子との大切な時間ですので大事にしています。
そして家事は100%自分です。
先日の出来事ですが食器洗いスポンジと掃除用のスポンジを置いておいたら、主人が良かれと思って掃除用のスポンジで食器を洗っていました。やってもらいたいとは思いますが、やること倍増なので、気持ちだけでありがとう!家事は私が100%やるので、その分お仕事頑張って!と送り出しています。
土・日はしっかり休んでくれるので皆で一緒にお出かけをして家族の時間を取るようにしています。

上手く両立するための内田さんなりの工夫ってありますか?

あまりきっちり家事をしない、食器洗いとか出来なかったら翌日の朝にやる等、細かいことを気にしないようにしました。食材の宅配を利用していて、簡単にできるものを準備しておいたり、料理はパパッとできるものにしています。
職場では子どもの体調不良とはいえ、お休みが続くと本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになります。
ですので、仕事はとにかく頑張る、頑張る姿勢はとても大事だと思います。
電話のお仕事ですので、皆さんとコミュニケーションを取ることが難しいのですが、教育でついて下さった方もお子さんのいらっしゃる方で、お休みなどご理解頂けることは本当に有難いです。
お子さんのいる方が周りにいるかいないかで随分違うと感じます。私は時間的にも両立しやすく理解して下さる方が周りにいらっしゃるので本当に助かっています。

内田さんご自身の将来についてはどうですか?

可能であればもう一人子どもがいるといいなと思ったりします。
仕事もフルタイムでバリバリしたい、行く行くは正社員として仕事をしたいと思っています。
前の職場でも女性がバリバリと仕事をされていて、どんどんキャリアを積んで管理職として頑張っていらっしゃる方がたくさんいました。私は管理職になりたいと言えるほどには自信がないのですが、しっかりと仕事をしているという姿を子どもに見せたいと思っています。
前の職場の先輩たちも、自分に続く人たちができるようにって頑張っていらっしゃったので、私も、ああいう風になりたいなと思ってもらえるような働くママになりたいです。

最後に両立を目指す人たちにメッセージをお願いします。

私自身は、仕事をしていた方が楽しいと感じています。
「社会人としての自分」と「ママとしての自分」を切り替えてやることは張り合いがあります。
子育てと仕事を両立し始めてから、あまり仕事のことで悩まなくなりました。
以前はあれどうしよう...と引きずっていましたが、今は家に帰ったら子どものことでいっぱいで考える暇がないんです。それが意外にいいのかもしれないと思います。
家では子どもにいっぱい手をかけて、仕事に行って、あ、そういえばあれあった...。それくらいが私には丁度いいのかもしれないなぁと思います。どっちも完璧には出来ないですけど、子どもがいてくれるから切り替えることが出来て、「子育てとお仕事の両立」って楽しいですよ。

支店担当者からのコメント

本当に素敵な方で、コミュニケーションの取り方がとても上手で職場にもすぐに溶け込まれていらっしゃいました。
お話をさせて頂く度に、前向きな姿勢と優しい笑顔に癒されております。
いつも本当にありがとうございます。

求人をお探しの方

TOPへ