求人広告を無駄にしない!効果を上げる書き方のコツ パート・アルバイト編

2017年11月 29日

有効求人倍率の上昇・売り手市場の継続と、採用の難しさをあちらこちらで耳にすることが多くなっています。このような時流における、少しでも効果を上げるための求人広告作成のコツをご紹介します。

その1 応募の伸びる単語の選び方

業界用語にご用心

社内や業界内では当たり前の用語も、未経験者にとっては分からないものがたくさんあります。
一例を紹介しますと......

ピッキング募集広告

「ピッキング」とは、工場や流通業界でよく見られる、倉庫から品物を集めてくる仕事です。
とはいえ、未経験者からすると「ピッキングって、鍵を使わないで扉を開けちゃうアレのこと......?!」とまでは思わないものの、具体的な仕事内容を思い浮かべられないものです。
伝票や注文書のとおりに、商品や製品を選び出す作業のことですので、「カンタン作業!大募集!」の方が、応募は確実に伸びます。

グロサリースタッフ募集広告

こちらの職種もよく見かけますが、どのような仕事内容かご存じでしょうか?
スーパーマーケットで、生鮮食料品以外の商品補充・値付け・商品管理などを担当するスタッフのことです。
こちらのケースも品出しが中心の業務ですので、「未経験OK!店内でのカンタン作業」「単純作業」などと記載すれば、分かりやすく、効果も出やすくなります。

未経験者に安心をあたえる「研修」の表現方法とは

また、未経験者へのメッセージで気をつけていただきたいのが「研修」に関する記載です。
研修があるというメッセージは、未経験者に安心感を与えることが出来ますが、そこにも一工夫が必要です。以下の2つの例をご覧ください。

「研修あり!丁寧に指導しますので安心です」
「研修あり!教えてもらえる環境なので安心です」

企業内では、導入時研修やOJTのことを「指導」と表現することも多いですが、最近の応募者にとって「指導」という単語は、「見張られている」「厳しくされる」というネガティブなイメージが強く、ウケが悪い傾向にあります。一方、求職者目線に立った「教えてもらえる」という表現の優しさに魅力を感じる人が増えています。

その2 目を引く原稿の作り方

毎年、求人広告掲載件数は過去最大件数を更新しており、世の中はインターネットやフリーペーパーなど媒体種別を問わず求人情報で溢れかえっています。

求人広告掲載件数推移(公益社団法人 全国求人情報協会調べ)

その数多ある求人の中から自社の求人に目をとめてもらう最短ルートは、「パッと見てその内容が分かるかどうか?」「興味が持てるかどうか?」を大切にした原稿作りです。

メリットを前面に押し出す

求人のタイトルもしくはキャッチフレーズに、端的にメリットを表現する言葉を入れましょう。
「未経験OK」「土日休み」「週2~OK」「交通費あり」
「カンタン」 「大手」
など、人気ワードランキングにあがってくるものを必ず入れ込むようにして下さい。

働くイメージを持たせるための安心ワード選び

その1で紹介したピッキング(倉庫などで商品や製品を取り出す作業)の募集を例にあげると、以下のような表記がおすすめです。

応募につながる募集広告の書き方

このように記載すれば、「カンタンそう!」「自分でも大丈夫そう」「(友達が少ない自分でも)受け入れてもらえそう」などと捉えてもらいやすくなり、応募に繋がる可能性が広がります。

広告に入れる写真も重要

その職場が簡単にイメージ出来ることはもちろんですが、自分がそこにいたら楽しそうと思える写真を選びましょう。
ピッキング作業中の写真を入れるなら、重そうなものではなく、軽いものをピッキングしている写真を選ぶなどの工夫をしてみるのも効果的です。
また、女性の笑顔のアップなどは、男女共に明るさと楽しさがイメージされるようで、応募が伸びる傾向があります。

応募につながる募集広告の書き方

その3 多様化を受け入れる

求人広告を作る際、「フルタイムOKな人」「土日も出てくれる人」など、自社が欲しい人物像ばかりを記載してしまう傾向はないでしょうか。
もちろん、条件外の方からの応募が増えても意味がないのですが、募集に苦慮しているのであれば、出来るだけ求職者目線に立ち、間口を広くした内容で作成してみましょう。

学生のアルバイト時間は減少傾向

学生は、学校のIT化に伴いICカードで管理されるようになり、出席点が重視されるようになりました。昔の「代返」のようなこともIT化によって出来なくなり、必然的にアルバイトの時間も減っているようです。
また、ここ数年の就職活動のトレンドとして、内定獲得のためにインターンシップへ積極的に参加する学生も増えており、学生がアルバイトに求める「シフトの柔軟性」の重要度がより一層高まっています。

働きたいけれども時間に制限がある人が増加中

年末から、パート勤務の有効求職者の人数が増加しています。パート・アルバイト採用では、学生・主婦・主夫・シニアなど、働きたいけれど時間に制限のある人たちを、いかに上手に取り込んでいくかが肝になります。
もちろん「週5フルタイム」が理想的ではあります。ですが、「週3」と「週2」の組み合わせで1ラインなど、シフトに柔軟性を与える考え方を持ち、求人広告にはニーズの高い「短時間JOBが可能」である旨を記載してみて下さい。
シフトが細分化され管理の負荷が増えることもありますが、何はともあれ働いてくれる人がいないと始まらないという状況下においては、妥協の出来る線を決め、間口を広げた条件面の提示を優先する必要があります。

■費用対効果の高い媒体・採用方法のご提案など
マンパワーグループの採用代行・ 採用コンサルティングサービスの詳細はこちらから↓
https://www.manpowergroup.jp/client/serve/employ/

■短時間・週3、4日稼働など時短日数限定スタッフの活用にご興味をお持ちの方はこちらから↓
https://www.manpowergroup.jp/lp/jitan/

採用代行・採用コンサルティングのサービスを見る
採用代行・採用コンサルティングを相談する

TOPへ