マンパワーグループ、生産性向上を図る必須ツール「WinActor」二次代理店を募集
RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)ツール「WinActor」販売パートナーの募集を開始

2019年1月31日

総合人材サービスのマンパワーグループ株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:池田 匡弥、以下「マンパワーグループ」)は、働き方改革を推進するツールとして2016年より取り組みを開始した、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)「WinActor」の導入を支援する二次代理店の募集を開始します。

スマートワーク時代の必須ツールRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)とは

少子高齢化を起因とする労働力不足が急激に進む中、企業・組織はその対策として業務のデジタル化や、人工知能の導入等、生産性の維持・向上を検討しています。RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)は、手作業による定型処理のパソコン操作を、ロボットが代行して自動化することを得意とするシステムです。人間が行う業務の処理手順に関してルールエンジンを活用し操作画面上から登録することで、ソフトウェアやブラウザ、クラウドなどさまざまなアプリケーションを横断して処理が可能です。

20190130.PNG

マンパワーグループのRPAの取り組み

2016年度後半より各種のRPAソフトウェアの評価、トライアル導入(PoC)を経た後、WinActorを使用して本社バックオフィス32業務のロボット開発を約半年間に実施。年間約4,800時間の作業をロボットに置き換え、作業時間の短縮だけではなく、顧客サービス向上を図りました。2017年9月に、NTTデータの代理店となり、WinActorライセンス販売、研修サービスと導入支援サービスの事業を開始。2018度年度売上は対前年比10倍となり、本年度も売上は堅調に伸びています。
マンパワーグループのRPAの取り組みについては、こちらのページでもご紹介しています。

WinActorの特長

純国産RPAで操作画面もマニュアルも全て日本語
Windows端末から操作可能なあらゆるソフトに対応
PC1台のスモールスタートから、サーバー上での大規模システム構築が可能

マンパワーグループ代理店になると

1. WinActorの販売が可能
2. 定期的にWinActorのセミナーを開催
  マンパワーグループには、複数の認定講師がおり、代理店価格でセミナーに参加が可能
3. プログラミング開発経験を持つエンジニアをWinActorエンジニアに育成し、開発経験で得られた広範な知識と経験に基づいたサポートを提供

  WinActor®はNTTアドバンステクノロジ株式会社の登録商標です。

【本件に関するお問合せ先】
マンパワーグループ株式会社 エクスペリス事業本部サービスデリバリー統括部イノベーション推進課 
TEL:03-4531-2909 (FAX:03-5733-3360) MPG-RPA@manpowergroup.jp

https://www.experis.jp/service/automation.html

TOPへ