マンパワーグループ労働白書

グローバルネットワークを活かし、マンパワーグループ独自の労働白書「White Paper」を提供します。

2022年6月

2022年 人材不足に関する調査

    世界的な人材不足は過去16年間で最高水準に。本調査では、日本の雇用主が最も人材を必要としている職種や従業員に必要とされているソフトスキルのトップ5や、業種別・組織規模別人材不足感のデータをインフォグラフィック形式でご紹介しています。

2022年4月

女性が仕事に求めるもの

「Shecession:女性の不況」から「Shesurgence:女性の復活」へ

    1社でも多くの企業が「女性が仕事に求めるもの」に応えられるよう "#BreakTheBias(バイアスを取り払おう)"をテーマに調査を実施しました。最新のデータから、自律、キャリアアップ、仕事に対するモチベーションやパッションが最も重要であることが分かりました。

2022年3月

The Great Realization:変貌する労働市場の新たな認識

加速するトレンドと浮上する緊急課題

    69%の企業が必要なスキルを持つ人材を見つけられない状況にあります。この人材不足の時代においては、どんなに優れた雇用主であっても、企業文化を変革するために投資しなければ戦略の実行に苦戦し、変革に取り組む企業に人材を奪われることになります。変わりゆく労働市場での次なる課題と、企業が講じるべきアクションとは何か。4つのテーマ、20のトレンドでご紹介しています。

2021年8月

2021年 人材不足に関する調査

    人材不足はこの15年間で最も深刻な状態に。本調査では、人材確保が極めて困難な5つのスキル、ポストコロナの働き方における、従業員と企業間でのニーズのギャップなどをデータで明らかにし、新たな働き方への再構築に向け、企業が考慮すべき5つのポイントを提案しています。

2021年5月

21 Trends for 2021:TRANSFORMING TALENT & THE FUTURE OF WORK

2021年、21のトレンド:人材開発と仕事の未来

    企業は未来のリスクと不確実性に備え、人材に影響を与えるトレンドを知り、人材の維持・再構築に向けて労働力を変化させていく必要があります。人口動態の変化、個人の選択肢の拡大、テクノロジー革命、顧客ニーズの高度化などの主要な動向に加え、未来の職場や労働力に直結する新たなトレンド21項目をご紹介します。

2021年、21のトレンド:人材開発と仕事の未来<サマリー版>

    企業は人材と未来の働き方に影響を与えるトレンドを認識し、先行き不透明な時代に備える必要があります。企業が知るべき2021年、21の注目すべきトレンドをインフォグラフィック形式でまとめています。

2021年3月

SKILLS REVOLUTION REBOOT: THE 3Rs - RENEW, RESKILL, REDEPLOY

The Impact of Covid-19 on Digitization and Skills: The New Future for Workers
スキル革命、再び̶3つのR、RENEW(再構築)、RESKILL(新たなスキル獲得)、REDEPLOY(再配置)
新型コロナウイルス感染拡大がデジタル化とスキルに与える影響 : 働く人々の新たな未来

    世界的な景気後退により企業が急速に大規模な変革とデジタル化を進める中で、スキルニーズは急速に変化しています。人材が最重要視される今、企業は「#PeopleFirst」を考慮しながら、新たな視点で人事施策を図る必要があります。本調査では、パンデミックがデジタル化とスキルに与えた影響と労働者の新たな未来を探り、企業が取り組むべき決定的な課題とは何かを明らかにします。

2020年10月

What Workers Want #2 The Future for Workers, By Workers: Making the Next Normal Better for All

労働者が求めているものは何か(2)
労働者による労働者のための未来: 新しい労働様式を、すべての人にとってより良いものにしていく

    新型コロナウイルス危機により、私たちの労働環境は劇的に変化しています。マンパワーグループでは8カ国8,000人以上を対象に労働者の未来について調査を行いました。変わりゆくスキルの需要、労働者それぞれの立場で受ける影響、また重要とされる新たな価値観などを把握し、新しい労働様式をすべての人にとってより良いものにしていくための5つの方法を提案しています。

2020年4月

TALENT SHORTAGE 2020: Closing the Skills Gap: Know What Workers Want

2020年 人材不足に関する調査: スキルギャップを埋める: 労働者が求めているものは何か

    世界の企業の54%が人材不足を唱える中、スキルのある労働者を企業に引き付け定着させることが実に困難となっています。本白書では、組織の何が労働者を引き付け、何が彼らを組織に定着させることができるのか、またそれが年代、性別、地域によってどのように異なるかを明らかにしています。また、定着させるために企業が講じるべき施策についても提案します。

2020年 人材不足に関する調査<日本の結果サマリー>

    日本の雇用主の88%が人材確保に苦戦しており、この水準は約10年もの長期にわたります。本調査では、日本における企業の、職種別・会社規模別での人材確保の困難度、また、労働者のニーズを詳細なデータから読み取ることで、企業が今とるべき人材戦略を明らかにします。

2019年5月

How We Want To Work

どんな風に働きたいか:企業が知っておくべきキャンディデイトが望む就労モデル

    企業がフルタイム勤務以外の働き方を取り入れだした結果、仕事の進め方や人々の働き方に変化が生じています。新たな就労モデルの需要と供給は、国によってバラツキがありますが、人材不足とスキルギャップが課題となるこの時代において、働く人々が望む働き方を考慮することこそが、効率的なワークフォース戦略に繋がるのです。

2019年2月

Humans Wanted: Robots Need You

人の力が求められている:ロボットが雇用を増やす

    ロボットや自動化が、人間の仕事を奪う・・・10年以上も続く議論です。しかし本当に仕事は奪われているのでしょうか?どうも違うようです。本白書では、企業が採用を増やそうとしている事実や、将来の人材不足に備え従業員のスキル習得を支援する動きなど、企業がどうスキル革命に対峙しているかを紹介します。

1 2 3 4

人材をお探しの方はこちら

お問い合わせフォーム

お電話の場合はこちら

TOPへ