パンデミックのピーク時、燃え尽き症候群だった女性の割合は約半数の結果に
マンパワーグループ労働白書、オーストラリア、フランス、イタリア、イギリス、アメリカを対象とした調査結果を発表

2022年4月28日

総合人材サービスのマンパワーグループ株式会社 (本社・東京都港区、代表取締役社長:池田 匡弥、以下マンパワーグループ)は、 オーストラリア、フランス、イタリア、イギリス、アメリカの5ヵ国の約5,000人の女性を対象に、働く女性が仕事に求めるものを調査した労働白書、"「Shecession:女性の不況」から「Shesurgence:女性の復活」へ"を本日発表します。

燃え尽き症候群の女性の割合:パンデミック前32%→パンデミック後39%

パンデミック前は、32%の女性が燃え尽き症候群だと回答しています。パンデミックのピーク時には、45%の女性が毎日ストレスを感じ、燃え尽き症候群だったと回答しました。パンデミック後は、柔軟性とハイブリッド型の働き方がニューノーマル※となる中、パンデミック前より+7%の39%の女性が燃え尽き症候群であることがわかりました。

20220428-1.png
※ニューノーマル:社会が変化し、新たな常識が定着すること

企業が女性社員に提供しようとするもの、女性が求めるものの違い

企業が女性社員に対して提供しようとするものの上位は、「柔軟な働き方」、「インクルージョンを重視する企業文化の構築」、「社内スポンサーシップ制度」(68%)という結果になりました。一方で、実際に働く女性が求めているものは、8割が「自分をサポートしてくれるマネージャーとチーム」と回答しています。

20220428-2_sp1.png20220428-2_sp2.png
20220428-2_pc.png

調査結果より

今回の調査対象である5カ国の結果及び、考察は日本の企業・組織においても是非参考にしていただきたい内容です。ニューノーマルが常態化する労働環境においては、柔軟性のある働き方の提供、そしてパフォーマンスを重視することが、多様な人材を惹き付け、人材の定着促進に繋がると想定されます。今後も働く女性が仕事で力を発揮するために、企業は女性が仕事に求めているものを、より明確に把握することが重要です。

企業が働く女性を支えるためにできる5つのこと

1.女性(および男性)をサポートする。
仕事と家族のケアのバランスが取れるよう、柔軟な始業時間と終業時間を提供することがその第一歩となります。
2.出社よりもパフォーマンスを重視する姿勢を示す。
職場に出社することが従業員のコミットメントを示す要素にはもうなりません。
3.女性がリーダーとして活躍できるよう支援する。
大きく成長できる役割とキャリアアップサポートを提供することで実現できます。
4.企業の方針だけでなく、文化が変化を生み出すことを認識する。
リーダーの半数以上が、女性リーダーを生み出す最も重要な手段がインクルージョンを重視する文化だと考えています。
5.経営陣が責任を持ってこの課題に取り組む。
男女平等に関する取り組みを人事部門に任せることはできません。
真剣にこの課題に取り組み、ビジネス戦略との連携を図るためには、企業のトップが変化を生み出さなければなりません。

■女性が仕事に求めるもの 「Shecession:女性の不況」から「Shesurgence:女性の復活」へ

URL:https://www.manpowergroup.jp/company/r_center/w_paper/

■調査概要

調査時期:2022年1月6日~2月10日
調査対象:世界5ヵ国(オーストラリア、フランス、イタリア、イギリス、アメリカ)における5,043人の働く女性

マンパワーグループ株式会社 会社概要

会社名 マンパワーグループ株式会社
所在地 〒108-0023
東京都港区芝浦3-1-1
田町ステーションタワーN 30階
代表者 代表取締役社長 池田 匡弥
資本金 40億円
設立年月日 1966年11月30日
業務内容 人材派遣/請負事業、職業紹介事業、アウトソーシング事業、再就職支援、タレントマネジメント等
概要 マンパワーグループ株式会社は、マンパワーグループ(NYSE: MAN)の100%出資の日本法人で、1966年に設立された日本で最初の人材派遣会社です。現在は、一般派遣・人材紹介サービスを提供する「マンパワー(Manpower)」、IT系のアウトソーシングサービス等を提供する「エクスペリス(Experis)」、採用・タレントマネジメントサービス等を提供する「タレントソリューション(Talent Solution)」の3つのブランドで構成された総合人材サービス会社として、全国149拠点のネットワークから幅広いサービスを提供しています。
会社サイト https://www.manpowergroup.jp/

【本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先】
マンパワーグループ株式会社 広報室
TEL:03-4531-2937
[email protected]

TOPへ