マンパワーグループ、国内外での外部人材活用最適化を支援するサービスを企業向けに提供開始
外部人材管理サービス、マネージドサービスプロバイダー「TAPFIN(タッフィン)」チームを新設

2018年11月16日

総合人材サービスのマンパワーグループ株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:池田 匡弥、以下「マンパワーグループ」)は、国内外の外部人材のリクルーティング・活用を代行するマネージドサービスプロバイダー(MSP)「TAPFIN(タッフィン)」チームを日本に新設、海外に拠点を置く日本のグローバル企業向けにサービスの提供を開始します。

国内外の外部人材管理最適化の重要性

経営の急速なグローバル化に伴い、海外に拠点を置く日本のグローバル企業には、経営戦略・ミッションを実現するためのひとつとして、従来拠点別・国別・地域別に管理していた外部人材について、契約プロセスの標準化・可視化を実施し、コスト管理やコンプライアンスの強化が求められています。

外部人材管理サービス:マネージドサービスプロバイダー(MSP)とは

MSPは、国内外に拠点がある企業の採用担当者に代わり派遣社員や業務委託等の外部人材管理を包括的に受託するサービスです。企業の海外拠点も含めて統一されたシステムを活用して外部人材を管理することで、外部人材管理の可視性を向上し、コスト削減や、コンプライアス強化を実現。日本のみならずグローバルレベルで外部人材活用の最適化・効率化を目指します。

サービス概要

・ 企業が利用しているサプライヤー*への発注や契約管理
 *サプライヤー:派遣会社や業務委託会社等、外部人材サービスを提供している企業
・サプライヤーからの請求・サプライヤーへの支払管理
・外部人材管理関連のレポーティング 等

マンパワーグループのMSP:「TAPFIN」

マンパワーグループのMSP「TAPFIN」は、世界72ヶ国に拠点を持ち、92ヶ国・650社以上の企業へMSPを提供している世界的なサービスプロバイダーです。新たに「TAPFIN」チームを日本で発足させることにより、複数の国で事業展開している日系グローバル企業における外部人材活用の最適化を実現する「MSP」の導入が可能となりました。

TAPFIN詳細URL:https://www.manpowergroup.jp/client/serve/tapfin/

マンパワーグループのMSP_TAPFIN

マンパワーグループTAPFINの特長

・マンパワーグループ世界72ヶ国・地域、各拠点との連携によるMSPの提供
・92ヶ国・650社以上の企業へ提供しているMSPケーススタディからベストプラクティスの提供
TAPFIN独自の分析ツール、「IntelliReach」によるレポート(サブライヤー評価、コスト評価、リスク評価等)の提供-グローバルマーケット情報をベンチマークとした比較分析も可能となり、外部人材活用における課題解決や、戦略的な計画立案・意思決定を支援

図:IntelliReachによるレポートサンプル

20181116_2.jpg

マンパワーグループ株式会社 会社概要

世界80ヵ国・地域で展開している人材ビジネスのグローバルカンパニーであるマンパワーグループ(NYSE: MAN)の100%出資の日本法人で、1966年に設立された日本で最初の人材派遣会社です。一般派遣・人材紹介サービスを提供する「マンパワー(Manpower)」、IT系のサービスを提供する「エクスペリス(Experis)」、再就職支援およびタレントマネジメントサービスを提供する「ライトマネジメント(Right Management)」の3つのブランドで構成され、総合人材サービス会社として全国118拠点のネットワークを活かし、幅広いサービスを展開しています。

ホームページURL:https://www.manpowergroup.jp/

【報道関係の方からの本件に関するお問合せ先】
マンパワーグループ株式会社 広報室 
TEL:03-6860-6037 (FAX:03-3436-6052) kouhou@manpowergroup.jp

TOPへ