未経験でも本当に大丈夫?IT系企業ってどんな仕事内容なの?

未経験でも本当に大丈夫?IT企業ってどんな仕事内容なの?

「IT企業への転職に興味はあるけれど、未経験だと難しいかな・・・」IT企業への転職は、専門の技術や知識がなければ難しいと思っていませんか?

実はIT企業には、未経験からチャレンジできる求人が多いという特徴があります。今回は、IT企業の主な職種と仕事内容、未経験でもチャレンジできる理由についてご説明します。

Sodatecバナー.png

IT企業とは

まず、IT企業とはどのような事業を行っている企業を指すのでしょうか。IT業界は大きく分けて、インターネットのプログラムからアプリケーションソフトの開発に携わる「ソフトウエア業界」、PCや家電など目に見える機械や設備・装置などを製造する「ハードウエア業界」、コンビニの電子決済、駅や電車で見る運行情報の掲示など、日常生活のさまざまな場面で触れる「情報処理業界」、インターネット広告の制作やSNS、eコマース(ECサイト)と呼ばれる電子取引などの「インターネット・WEB業界」の4つに分けることができます。いいかえるなら、IT業界とは、あらゆるコンピューターを活用する技術に関わる企業を指します。では、そのIT業界の職種や実際の仕事内容について詳しく解説していきましょう。

IT企業の職種、仕事内容について

IT企業の職種と仕事内容についてご紹介します。まず、大きく分類すると、実務を担当する開発部門のITエンジニア、クライアントと交渉して案件を獲得してくる営業(セールスエンジニア)、プロジェクトの進行管理を行うPM(プロジェクトマネージャー)、 自社および外部に向けたサポートやヘルプデスク、そしてバックオフィス業務で企業を支える事務や経理などがあります。

またWeb系では、サイトを制作するWebデザイナー、PCで印刷物を制作するDTP(デスクトップパブリッシング)など、デザイン・クリエイティブ系の職種もあります。
なお、事務職などの仕事はほかの業界と変わりませんので、ここでは特長的な職種をご紹介します。

IT系企業の主な職種

システム開発(システムエンジニア・プログラマーなど)

プログラム言語を用いて、アプリケーションを作成する仕事です。パッケージ製品・社内システム・通信制御系などの分野があり、上流と呼ばれる概要設計・要件定義・基本設計、それ以降の詳細設計・プログラミング、テスト、導入支援などに役割分担がされています。
>システム開発のお仕事を探す

サーバ・セキュリティエンジニア

サーバ機器の設計・構築・設定・運用・保守を行う仕事です。機器の選定・設計・OSインストールといったサーバ構築と、障害発生時に復旧を実施する運用保守・監視の役割があります。ウィルス対策やサイバー攻撃に備え、セキュリティ対策を強化することも役割のひとつです。
>サーバ・セキュリティエンジニアのお仕事を探す
>【マンガで解説】セキュリティエンジニアとは?

ネットワークエンジニア

ネットワークのシステム構築や保守管理などを行う仕事です。主な役割としては、ネットワーク設計、構築、監視・運用の3つに分けられます。ネットワーク設計に関しては、ヒアリング力や提案力、プロジェクトを円滑に進めていくための能力などが求められます。
>ネットワークエンジニアのお仕事を探す

サポート・ヘルプデスク

社内または社外ユーザーからのPC・メール・ネットワーク関連の問合わせに回答したり、トラブルが発生した際に障害の切り分けなどの対応を行う仕事です。コールセンターでのサポート・ヘルプデスクの仕事は、未経験の方でもチャレンジしやすい職種です。
>サポート・ヘルプデスクのお仕事を探す

「サーバ・セキュリティエンジニア」や「ネットワークエンジニア」は、「インフラエンジニア」の一種で、作業手順書などがあり定型化された業務から始めることができ、未経験の方がエンジニアとしてのキャリアをスタートしやすい職種です。「サポート・ヘルプデスク」も、よくある問い合わせに答えるためのQ&A集など業務がマニュアル化されているため、未経験の方がチャレンジしやすい職種です。

マンパワーグループの「SODATEC」では、約10日間の完全リモートウェビナー研修を「無料」で受講できます!さらに、研修の後は就業までをサポート!

Sodatecバナー

CAD・建築・機械・回路設計

CADソフトウエアを使用した設計図面作成、設計補助、パース作成、積算の仕事です。建築であれば、意匠・内装・構造・設備の専門分野に分かれ、そのほかには土木・機械・電気などのジャンルもあり、それぞれ専門知識が必要になります。
>CAD・建築・機械・回路設計のお仕事を探す

テスト・評価

製品やシステムが仕様通りに動くか、バグ(エラー)がないかをチェックする仕事です。仕様書にもとづき、どのようなテストを行うかのテスト項目書の作成を任されることもあります。早期に不具合を発見し、製品の品質を守る重要な役割を担っています。
>テスト・評価のお仕事を探す

OAインストラクション

パソコンなどのOA機器やソフトウエアの操作方法をレクチャーする専門的な仕事です。講座形式で行うケースが多く、メイン講師になると、講座で使用するテキストの選定、テキスト作成・編集を自ら手掛けることもあります。
>OAインストラクションのお仕事を探す

テクニカルライティング

パソコンなどの電子機器、家電、Webシステムなど、製品仕様書の技術的な内容に関する文書やマニュアル類を一般ユーザー向けに作成する仕事です。新規で文書やマニュアル類を作成することや既存の修正があります。
>テクニカルライティングのお仕事を探す

セールスエンジニア

営業担当とともに、顧客へ自社のシステムや製品の説明、質問や要求に対しての対応など、主に技術面での支援を行う仕事です。クライアント企業に最適な施策を提案することで、商談を成功に導くのが役割です。
>セールスエンジニアのお仕事を探す

その他IT職

上記以外のIT職種として、海外のソフトウエアを母国語化するローカライズ、ITエンジニアチームでのアドミ業務全般、各種データの分析や解析、通信電波調査などがあります。
>その他IT職のお仕事を探す

PM/PMO

PM(プロジェクトマネージャー)は、プロジェクトの計画立案から、予算管理、リソース管理、工程管理など、プロジェクト全体をマネージメントする仕事です。PMO(プロジェクトマネジメントオフィサー)は、プロジェクトマネージャーを補佐し、プロジェクトが円滑にまわるように支援する仕事です。いずれもIT知識とコミュニケーション力が必要です。

Web・クリエイティブ系企業の主な職種

Web

ポータルサイト、企業コーポレートサイト、スマホアプリ、ECサイトなど、さまざまなWebページの制作を行う仕事です。Webサイトのデザインを担うWebデザイナー、Webページの原案に合わせてプログラムをコーディングし、Webサイトとして仕上げるWebコーダー、要件のヒアリングから詳細設計書を作成し、Web全体の進捗を管理するWebディレクションなどの職種があります。
>WEBのお仕事を探す

DTP

Desk Top Publishing(デスクトップパブリッシング)を略したもので、パソコンでデータを作成し、実際に印刷物を制作する仕事です。主に雑誌、カタログ、ポスターなどが対象となります。DTPソフトを使用してデザインを行うDTPデザイナー、デザイナーが作成したデータをもとに、修正や加工をして、印刷できるデータを作成するDTPオペレータなどの職種があります。
>DTPのお仕事を探す

デザイン

メーカーや広告代理店、社内企画担当者から依頼を受けて、商品コンセプトに合ったデザインを行う仕事です。雑誌、広告ポスター、商品パッケージ、ロゴマークなどのデザインを担当します。
>デザインのお仕事を探す

文系でも大丈夫!IT業界で求められている資質とは?

上記でご紹介した職種をみて「理系を卒業した人にしか出来ない、高度な専門職なんだ」と思われたのであれば、それは思い込みにすぎません。

IT業界の代表的な仕事であるシステムエンジニア(SE)の分野にも、「文系SE」と呼ばれる理系出身者ではない方たちがたくさんいらっしゃり、活躍されています。

文系・理系問わず、IT業界やIT企業で働く際に求められる3つの資質を紹介します。

論理的思考力

IT業界の仕事の多くはコンピューター端末の操作をメインとする仕事ですが、これら業務に求められる最も重要な資質のひとつは論理的思考力です。

代表的な職種であるプログラム開発は言うまでもないですが、論理的思考力がなければシステムを作り上げることができません。ほかにも、セキュリティエンジニアもセキュリティの「穴」を探求する能力には論理的思考能力が求められます。

コミュニケーション能力

IT業界に限ったことではありませんが、業務は連係プレーであり、常に取引先やチームとのコミュニケーションが求められます。

特にシステムに問題が発生した場合などは迅速かつ的確な対応が求められるため、コミュニケーションがしっかりとれなければ問題を解決するどころか事態を余計に悪化させてしまいかねません。

そのため、コミュニケーション能力はITの仕事であっても欠かせない資質です。

学び続ける姿勢

IT業界は特に技術の進歩が速く、5年前どころか、1~2年前の知識さえ「古い」と言われてしまいかねないのが特徴です。一見大変に思えるかもしれませんが、常に新しい知識を学び続ける姿勢を持つ方にとっては、格好の活躍の場と言えます。

今はまだIT業界での経験がなくても、基礎的な知識をきちんと身につけ、上記の資質をもとにスキルアップを目指しながら実務経験を積んでいけば、IT業界は文系・理系問わず活躍できる業界です。

未経験でもチャレンジ可能なIT業界

開発などスキルを要する職種でも未経験からOKの募集があります。提供するサービスや製品の保持に必要な人員だけではなく、デジタル化や技術の進化に伴う事業拡大に合わせて新しい人材の参入を積極的に求める企業が多いことが要因のひとつです。もし未経験での入社が不安な場合は、研修制度の充実している企業を探してみましょう。中途採用でも数ヶ月かけて開発言語の研修を提供している企業などもあります。

IT業界未経験者が就業するまでに必要なこと

IT業界未経験者に必要なことは実務経験です。 実際に企業に入りプロジェクトに参加するためには、知識だけでなく現場での経験が必要となります。 実務経験を身につけるためには、未経験者OKのIT企業の求人を探して応募する必要があります。 また、未経験OKの求人といえども、希望職種における最低限の知識は必要になります。 職場で説明してもらったことがすぐに理解できるような知識や、指示されたことを調べながら対応できるレベルの知識があると、実務を通してスムーズに経験を積むことが期待できます。

【1】まずは未経験者OKの求人に応募する

未経験者が就業するには、まずは未経験者OKの求人や企業を見つける必要があります。マンパワーグループは、日本で初めての人材派遣会社として創業して55年以上の歴史があります。長年にわたる、大手IT企業との強固なリレーションがありますので、未経験者OKの求人も常時ご紹介しています。
>IT系未経験職種を見てみる

また、独学である程度の知識があるけれども、どのように企業に売り込めばよいか分からないという人のために、マンパワーグループにはIT業界に精通したコンサルタントが多数在籍しています。 IT職種はIT業界だけでなくさまざまな業界で活躍の場ががありますので、まずはIT職種で未経験OKの求人を検索してみてください。

【2】ITプログラミングの知識を身につける

IT業界に興味はあるけど、まだ知識も何もないという方向けに、未経験者の学習をサポートするプログラムもご用意しています。 オンラインでITスキルの基礎を学べる講座もありますので(マンパワーグループへの登録が必要になります。)ぜひご検討ください。
>PowerYOU:自宅で気軽に学習できるオンライントレーニング

ITに関する資格がなくとも、IT業界に就職・転職することは可能です。そのため、どの専門性を高めたいかが決まっていない段階で資格を取る必要はありませんが、すでに進みたいイメージが定まっている方や、少しでも知識を蓄えておきたいという方向けにおすすめの資格を紹介します。

ITパスポート

ITに関する基礎的な知識を証明するための国家試験です。取得すればITの利活用時に基礎的な知識を持っていることを証明することができます。基礎的な知識とは、AIやビックデータなどの新しい技術や手法の概要に関する知識や、経営全般の知識、ITセキュリティやネットワークの知識などがあります。幅広い分野の総合的な内容を取り扱っていますが、参考書や勉強サイトも充実しており、独学での取得も可能です。

基本情報技術者試験

IT関連でもっとも代表的な資格のひとつが基本情報技術者試験です。IT業界で働く人を対象とした国家資格で、取得すればIT全般の基礎知識を持っていることを証明できます。そのため、試験範囲は経営戦略、プログラミング、セキュリティ、データベース、統計など多岐にわたります。取得を目指す際には十分な学習が必要になりますが、基礎的なIT知識を蓄える上では適した資格と言えるでしょう。上位の資格としては「応用情報技術者試験」があります。

情報セキュリティマネジメント試験

サイバー攻撃による不正アクセスや関係者の封注意による情報漏洩など、企業にとっての情報セキュリティの重要度は日ごとに増しています。情報セキュリティマネジメント試験は「ITによる技術的対策」だけでなく、「人による管理面での対策」との双方の観点から、組織の情報セキュリティを確保するための基本的な技能や知識を評価する検定です。

統計検定・データサイエンティスト検定

これらの資格はAIやデータサイエンス分野で活躍する際に役立つ資格です。AIやデータサイエンスの基礎となる統計学や機械学習に関する資格試験であり、現在ニーズの高いそれらの職種で就職活動をする際に、知識を証明する上で役に立つでしょう。

Python3エンジニア認定基礎試験

Pythonエンジニア認定基礎試験はプログラミング言語「Python」のプログラミング技能を証明するための試験です。民間資格ですが、受験することによりプログラミング能力を示すことができます。
いきなりプログラミングというと身構えてしまう方もいるでしょうが、Pythonは初心者にとっても学びやすく、非プログラマーでもオフィスの事務処理の自動化などで活用している人が少なからずいる言語です。
また、AIやデータサイエンスの分野で使用される言語であることから、そうした分野を志す人は資格取得をおすすめします。

IT企業への転職活動のポイント

IT業界の職種や仕事内容はさまざまですし、前述した通り、求人そのものも多いのが特徴です。未経験でも安心してチャレンジできるのは、嬉しいところですよね。さまざまな事業を行っている企業があるため、自分がどういったことをやりたいのかをよく見極めて、そのうえでどのような企業の仕事や職種があるかを改めて調べて、転職活動を進めるとよいでしょう。
>ITエンジニアの仕事内容、IT系の派遣求人情報はこちらでもご紹介しています。

マンパワーグループの取り組み

マンパワーグループは、世界75の国と地域に拠点を持つ人材サービスのグローバルカンパニーです。1966年国内初の人材派遣会社としての創立以来、総合人材サービス会社として50年以上にわたり、候補者の皆さまや顧客企業へのサービスを提供してきました。

マンパワーグループでは、デジタル化が加速する社会に向けた新たな取り組みとして、未経験からエンジニアを目指す方に、研修から就業までをサポートするプログラム<SODATEC(ソダテック)>をご用意しています。

SODATEC(ソダテック)では、エンジニアを目指す方のキャリア形成支援のために、充実した教育・研修制度を通して新たなスキルを身につけていただいています。

10日間の無料研修を実施

SODATEC(ソダテック)では、10日間の無料研修を実施しています。研修内容は、IT業界やネットワークに関する基礎知識から、ネットワーク実機研修、IT運用オペレーション研修などの実践的な内容を学べます。さらに、社会人として必要なビジネススキルの基本も学習できます。無料で基礎からしっかり学べるので、資格取得やスクールに通う金銭的な余裕がない方やスキル面で自信がないという方にもおすすめです(2022年6月時点はリモートウェビナー形式/毎月開催)。

就業まで無料サポート

研修終了後の、就業サポートも無料で提供しています。受講者の適正や研修内容とマッチした就業先をご紹介しています。特に、すぐにでもIT業界で働きたい方には研修10日目に採用面接を用意しています。

IT業界未経験から挑戦した人の成功事例

実際にSODATEC(ソダテック)を受講した方の中には、未経験から大手通信会社でネットワークエンジニアとして活躍している方、異業種からIT業界でインフラエンジニアとして活躍している方などが数多くいらっしゃり、IT業界の未経験者の成功事例は多数です。また、IT業界は男性が多い印象があるかもしれませんが、女性の受講者も多数いらっしゃいます。

エンジニア需要が拡大している今、SODATEC(ソダテック)は未経験からエンジニアを目指すことのできる、おすすめのプログラムです。新しい知識とスキルを習得して、活躍の場を広げてみませんか?皆さまからのご応募をお待ちしております!

Sodatecバナー.png

TOPへ