ホテル業界の年収・給料は?平均年収ランキングまで紹介!

05. hotel-salary.jpg

年々訪日する外国人観光客の数が増加し、東京オリンピックの開催を2020年に控え、日本でも外国人観光客の受入れ体制の整備が急ピッチで進んでいます。ホテル業界もまた、新しくオープンするホテルが増えています。

今回はホテル業界に就職したい人に、ホテル業界の年収・仕事内容などを解説します。ホテル業界で働くにはどんな仕事があるのか、現状や今後の動向なども把握し、転職活動の参考にしてみてください。

ホテルの種類

私たちは普段、ホテルを利用する際に数あるホテルの中から、目的や用途、人数に応じて適したホテルを選んでいます。

出張でホテルを予約するとき、景色のよいレストランで会食をするとき、複数人で旅行にいくときなど、使い分けていることと思います。泊まるときは意識していなくても、いざホテルで働こうと思ったときには、どのようなホテルで働くのかは重要なポイントになります。

ここでは代表的なホテルの分類である「ビジネスホテル」「シティホテル」「リゾートホテル」の特長や違いを説明します。


ビジネスホテル

文字通り、出張や仕事などビジネスシーンにおいて利用されることを主な目的とし、駅前など、立地的に便利な場所に多く建っています。シングルルームがメインで、施設としては客室のみの場合が多いですが、最近では大浴場やレストランを兼ね備えているホテルもあります。


シティホテル

多くのホテルがシティホテルに分類されます。都市部を中心に建っていて、客層としては出張などのビジネスマンや観光目的の旅行客、外国人観光客など幅広く、宿泊用途も様々です。客室はシングルだけでなく、ダブルやツイン、大人数で宿泊可能な大部屋などもホテルによっては設けられています。

宿泊者に人気の大浴場やスポーツジムなどを有しているところもあります。また、レストランや結婚式、スパなどを目的に訪れるゲストも多く、ホテル独自で様々な工夫がされています。


リゾートホテル

スキー場や海辺の近くなど、いわゆるリゾート地に建つホテルのことをさします。利用目的はほとんどが観光で、家族連れや大人数などでの利用客がメインです。部屋の数や種類もさまざまで、施設内の設備もレストランやプールなど広々とした空間であることが多いですが、ホテルごとのコンセプトによって雰囲気も大きく変わります。


ホテル業界の仕事内容

ホテル業界とひと口に言っても、先ほどご紹介したようにホテルの種類はいくつもあります。
それにともない、ホテル業界での仕事内容や職種はさまざまです。どのような職種があるのかを確認してみましょう。


宿泊部門

フロント

フロント業務は、お客様のチェックインとともにホテルの全部門へサービス提供開始の指示を促す司令塔です。またホテルの顔としてお客様を迎え、予約管理や清算・案内・要望の受付などを統括する重要な役割を担います。

ドアマン

ドアマンは、車やハイヤーで訪れるお客様をスムーズに迎える仕事です。お客様が最初に接するスタッフのため、ホテルの顔であると言われています。ドアの開閉をするだけでなく、外出の際の車の手配・送迎・ホテル周辺の警備なども行います。常連客の名前や社名を把握し、記憶している数が多いほど一流のドアマンとよばれます。

ベルパーソン

ベルパーソンはチェックインを済ませたお客様の荷物を預かり、客室まで誘導する仕事です。お客様がホテル内を迷わず利用できるよう施設の案内も行います。チェックアウト時にも車やハイヤーまで荷物を運び、スムーズに出発できるようにサポートします。

コンシェルジュ

コンシェルジュは、お客様の細かい要望を迅速に叶える専門職です。どんな要望にも応えられる柔軟性と迅速な判断力が要求される仕事です。お客様の秘書的な役割も担うので、経験や語学力といったスキルも欠かせません。

ハウスキーパー

ハウスキーパーは、チェックアウトからチェックインまでの間に客室を清掃する仕事です。部屋の備品などの補充からベッドメイクまで、使用後の室内を清掃・整理します。細やかさが要求される仕事です。


料理部門

調理スタッフ(シェフ・パティシエ・バーテンダーなど)

調理スタッフは、ホテル内のレストランで料理を作る仕事です。レストランのジャンルによって、専門的な技術が必要になります。長い期間の下積みが必要なケースも多いです。

レシェプショニスト

レシェプショニストは、レストランでお客様を席に誘導する仕事です。席の混雑具合によって、お客様を案内するペースや配席の調整も行います。

ソムリエ

ソムリエは、ワイン専門の案内人です。お客様の要望に応え、料理に合わせた最適なワインを選び、給仕します。ワインの深い知識が必要で、基本的にはソムリエ資格が必要です。

ウェイター・ウェイトレス

ウェイター・ウェイトレスはお客様のオーダーを聞き、シェフへオーダーを伝え、スムーズに料理を提供することが仕事です。テーブルセッティングの知識や料理の提供の順番などのマナーに関する知識も必要になります。

ルームサービス

ルームサービスは、食事の注文を受け客室に届ける仕事です。24時間体制で対応しているホテルも多く、勤務は交代制になることも多くあります。


イベント部門

ウェディングプランナー

ウェディングプランナーはホテルでの結婚式を企画する仕事です。カップルの要望を取り入れた結婚式のプランを作成し、スムーズに進行できるようにディレクションします。ウェディングプランナーの中には、ホテルと契約する個人事業主も多くいます。

宴会担当

バンケットを併設しているホテルでは、イベントや宴会などを開催する場合があります。その際にイベントの進行を企画したり、料理を提供したりします。

サービス開発

サービス開発は、競合調査や地域のイベントや季節に合わせた顧客動向を調査し、ホテルへの集客を促すための企画を考える仕事です。


企画・営業部門

支配人

支配人はホテルの最高責任者です。さまざまな部門長のトップでもあり、そのホテル業務のすべてを統括します。各部門がコンプライアンスに沿って稼働しているかをチェックし、ホテル全体の質を担保する役割も担います。

セールス

ホテルのさまざまな施設の利用促進を図るため、団体・企業・学校などへの営業する仕事です。一般企業でいう営業職で、自社サービスの販促を行いながら予約につなげます。


管理部門

経理・総務・広報・人事

経理・総務・広報・人事は、ホテル従業員の運営や労働に関わる管理を担う仕事です。企業としてのホテルで働く人達を支えバックアップし、働きやすい環境をつくる役割を担っています。

施設管理

施設管理は、ホテル自体のメンテナンス業務をする仕事です。電気・ボイラー・空調・エレベーター・火災報知器など、安全に過ごせるように監視・点検・修理を行います。専門の資格が必要な業務もあります。


ホテル業界の年収・給料は?

年収や給料は、勤務するホテルのグループ規模や部署・職種・立場によっても異なります。まずは、平均年収や給与額を確認してみましょう。


平均年収

男女別の平均年収

ホテル業界の年収を男女別で見ると以下のようになります。

平均年収(万円)
全体 328万円
男性 357万円
女性 300万円

年齢別の平均年収

次に年齢別の年収をまとめると以下のようになります。

年代平均年収(万円)
20代 282万円
30代 361万円
40代 431万円
50代~ 470万円


サービス業全体の平均年収が376万円、男性は411万円、女性は332万円となっており、
他の業種と比較するとそこまで高い年収とはいえませんが、
経験と年齢が上がるごとに収入は比較的あがる傾向があります。

※参考
doda なるほど!転職ガイド 平均年収ランキング最新版【業種別】

給与

ホテル業界の給料は、大卒で20万円前後、短大や専門学校卒業で17万円前後である場合が多いです。

※参考
CareerGarden ホテルスタッフの仕事


ホテル業界の特徴

ホテル業界の特徴はなんでしょうか。以下で解説します。


景気に左右されやすい

景気に左右されやすいのは、ホテルのみならず観光業界全体の特徴でもあります。景気が良くなると、人々は旅行や行楽にお金を使うので業績が上がりますが悪くなると下がります。そういう意味では不安定な業界です。

また円安になると訪日外国人客が増加し、円高になると減少します。


サービス業務は不規則な生活になる

フロントや客室係、マネージャーなどホテルのサービス業務につくと24時間宿泊客の対応をするため、必然的に勤務は不規則になります。昼勤、夜勤、三交代制などホテルによって様々ですが、昼夜土日祝日関係なくシフトを組んでの勤務となります。


世界中のゲストに究極のおもてなしをすることができる

ホテルに勤務すると、世界中のゲストと接することになります。特に大手の外資系ホテルや観光地に近いホテルは様々な国籍のゲストが利用します。VIP対応や特別な配慮が必要なゲストの対応ではそれぞれニーズも異なり、臨機応変な対応が求められます。ゲストの喜びや感謝が励みとやりがいにつながります。


福利厚生が充実している

他の業界同様、社会保険や退職金制度・交通費支給はもちろん、住宅補助や深夜手当なども当然用意されています。ホテル業界における特長としては、早朝出勤の早番や夜勤のシフトが多いため住宅手当や社員寮が比較的充実している場合が多いです。

また、休みが取りにくいイメージがあるかもしれませんが、ホテルによっては年間休日数が120日で設定されていたり、夏季休暇などの長期休暇が付与されていたりするところもあります。

※参考
福利厚生のRELO総務人事タイムズ 福利厚生福利厚生で人気の企業ランキング!有給休暇取得率の高い企業の福利厚生


ホテル業界の平均年収ランキング

ここからは、ホテル業界で平均年収の高いホテルをランキング形式でご紹介します。2016年度決算時点での5社平均年収は約547万円です。年収の高い順から順に一覧にしてみました。


ホテル業界の企業別平均年収(2016年度決算)

企業名平均年収平均勤続年数社員数
リソルホールディングス株式会社 624万9,216円 9.2年 373人
株式会社帝国ホテル 583万1,000円 14年 1,976人
藤田観光株式会社 564万8,000円 18.6年 1,421人
リゾートトラスト株式会社 530万4,583円 7.7年 6,698人
価値開発株式会社 432万158円 4.3年 144人


※参考
転職ステーション ホテル業界の平均年収ランキング


1位:リソルホールディングス株式会社

リソルホールディングスは「くつろぎサービス」を揚げなどに、ホテル運営事業などを手掛ける老舗です。様々な企画でビジネス・観光・インバウンド市場でも多くの利用者を獲得しています。

年収は業界平均を大きく上回り629万円とトップクラスです。福利厚生には時間外労働削減・有給休暇取得促進・短時間勤務促進などがあります。


2位:株式会社帝国ホテル

帝国ホテルは、日本の迎賓館としても名高く、東京・大阪・上高地に直営ホテルがあります。ホテルニューオータニ・ホテルオークラと並ぶ3大高級ホテルのひとつです。

過去8年間のデータでは平均年収は561万円になります。研修や海外留学など従業員へキャリアアップの場を提供し、障害者や女性登用、ワークライフバランスの促進などにも積極的です。


3位:藤田観光株式会社

藤田観光では、ホテルの運営・婚礼・レストランなど幅広い事業を展開しています。椿山荘・ワシントンホテル・小涌園など、著名な施設も多いです。

2016年度決算では564万円と年収トップ5の平均を上回りました。福利厚生では他系列の宿泊施設を格安で利用でき、女性の育休・時短勤務も理解のある企業です。従業員同士で理解のある企業です。


4位:リゾートトラスト株式会社

会員制リゾートホテルとして長年上位の業績を続けているリゾートトラスト株式会社は、創設から40年の若い企業です。しかし、現在では40を超えるホテルを運営し、成長を続けています。

過去8年間の年収平均は572万円です。また愛知県のファミリーフレンド企業表彰で「イクメン・イクボス企業賞」を受賞するなどの功績もあります。


5位:価値開発株式会社

価値開発株式会社は、世界でも有名なベストウェスタンホテルを日本で展開するホテル運営会社です。国内外でもリーズナブルで快適なホテルとしてよく知られていますよく知られています。年収はホテル業界の年収ランキングTOP5よりやや平均を下回っています。


ホテル業界の現状と今後

今後ホテル業界で働こうと考えている人は、業界の現状はどうなっているのか、今後どのような展望があるのかを把握しておきましょう。


現在の状況

ホテル業界は現在、来たる2020年の東京オリンピック開催に向けて、より多くの訪日外客数を受け入れる準備を進めています。訪日外国人客は東京だけではなく、日本各地を観光して回ることが考えられます。京都のような人気観光地は宿泊施設が不足し、民泊を増やして対応するなど問題も多くあります。

こうした供給不足の現状を受けて、新しく建設されるホテルも増えています。それにともないホテル業界での人材不足も懸念されています。


今後の動向と課題

東京オリンピックが終了した後も、訪日外客数は増加するのではないかと予想されています。ホテル業界では訪日外客数をさらに増やし維持するためにも、インバウンド客への対応や、多言語への対応もより必要になるでしょう。

外国人とコミュニケーションをとれる語学力は、英語に限らず必要不可欠になることも予想されます。まずはどんな職種で働きたいかを明確にし、必要なスキルを磨くことも大切です。


まとめ

実際にホテル業界で働くなら、できるだけ多くの候補の中から自分に合った場所を見つけたいものです。マンパワーグループではホテル業界を含めたさまざまな業界・職種の求人情報を掲載しています。

ホテル業界に限らずサービス業で働きたいという方は、ぜひ登録してみてください。

TOPへ