ブランクがあっても大丈夫?主婦が休職から転職活動を経て仕事復帰する方法

ブランクがあっても大丈夫?主婦が休職から転職活動を経て仕事復帰する方法

結婚や出産を機に退職して長く仕事から離れると、数年後に再び働きたくなった時に、社会復帰が可能か不安に思う方も多いのではないでしょうか。今回はブランクのある主婦がどのように再就職すれば良いのかをまとめてみました。

タイムリミットは35歳? 休職中の過ごし方について

キャリアを意識して働く人は、男女を問わず30~35歳くらいまでに今後の働き方の方向性を固めたほうが良い、と一般的に言われています。20代までは異業種間でも比較的転職しやすいですが、35歳前後になると応募可能な求人案件がグッと少なくなり、採用される可能性が低くなるからです。これは主婦の再就職も同様で、年齢が若いと再就職活動も有利になります。

しかし、35歳以上でも普段の過ごし方や就職活動の方法次第では、採用されるチャンスが増やせるのをご存じでしょうか。中途採用市場で仕事を探す場合、会社員として働いてきた他の人々と同じ土俵で就職活動をしなければならないため、特に専業主婦の立場は不利になります。本来であれば、なるべく早めに社会復帰することが望ましいですが、家庭の事情などで難しい場合は、休職期間を有意義に過ごしましょう。語学やパソコンなどのスキル向上や、再就職に有利な資格取得など、休職中も時間を作って勉強し、社会復帰に備えるのが理想です。例えば検定を受験する、講座を受講する、新聞やネットなどから新しい知識や情報を得るなど、常に向上心のある方は企業にとっても魅力的な人材なのです。

再就職先の狙い目は中小・ベンチャー企業

再就職先の狙い目は中小・ベンチャー企業

ブランクが長い主婦でも、自分のスキルや経験を生かせる企業に絞って転職活動をすれば、採用の可能性は広がります。おすすめは中小企業やベンチャー企業です。経営者や管理者が若かったり、採用人数が少ないなど、新人教育のノウハウが乏しいことがあります。新卒社員にビジネスマナーやパソコンの基礎を1から教育することは、時間もコストもかかります。しかし、社会人経験がある主婦なら、基本的なスキルはある程度期待できるでしょう。教育の手間を省き、勤務する企業の業務内容さえ把握すれば即戦力として働ける人材なら、歓迎する企業もたくさんあります。また、企業の規模や歴史に関係なく、どこにでもある総務や経理関連の仕事を経験している人は、業界にこだわらず応募しやすく、再就職に有利です。

ある程度の規模の企業で働きたい意向があるなら、派遣社員として職を得る道もあります。
フルタイム勤務が難しい場合でも、主婦向けの仕事を多く扱う派遣会社に登録すれば、自分の生活スタイルに合ったペースで働けます。大手企業や職種にこだわりたいケースでも、希望を伝えれば、条件に合った仕事を紹介してもらえることがあります。

長く仕事を離れていると自信が持てず、自己アピールを躊躇してしまうかもしれません。しかし、面接時などに思い切って担当者と話をしてみると、意外なマッチングポイントが見つかることがあります。面接は"大チャンス"と思って、ぜひ積極的にアピールしましょう。

在宅ワークで自分らしく働く、という生き方

在宅ワークで自分らしく働く、という生き方

主婦の働き方は多種多様です。保育園などに子供を預けてフルタイム勤務する人もいれば、週何日かパートとして働く人もいます。勤め先を1つに限定せずにパートを掛け持ちしたり、スキルや資格を活かしてフリーランスで働くという手もあります。

近年増えているスタイルが在宅ワークで、いくつかのパターンがあります。その1つが、パソコンを使った働き方です。主婦に人気が高いのは、モニターやデータ入力、ライターの仕事です。いずれも、特別な資格や知識は必要なく、未経験でも始めることができます。まずは仕事を斡旋する求人サイトなどに登録し、募集要項から仕事を選んで応募しましょう。高収入を望む場合、前職などでプログラミング経験があれば、需要が多いプログラマーもおすすめです。

他にも、趣味や特技に関連することを仕事にする方法があります。自宅で料理教室を開いたり、小物や洋服などを手作りしてインターネットなどで販売したり、得意分野で活躍できます。また、保育士やチャイルドマインダーの資格を活かした在宅保育や、自宅の一角をネイルサロンにするなど、アイデアと行動力があれば仕事として成立することが可能です。

在宅ワークは、会社員のように賃金が保証されている訳ではないため、給与を得るというよりは、「楽しみながらお小遣い稼ぎをする」という気持ちで始めた方が長続きするでしょう。ゆくゆくは起業の第1歩になる可能性もあります。

おわりに

女性活躍推進法の成立により、女性が働く環境作りは今後も進み、ますます共働きの世帯は増えていくでしょう。企業も、かつて職場で活躍した主婦を"眠れる戦力"として期待しています。妻や母であることを理由に自ら可能性を捨ててしまっては、夢や希望は実現しません。主婦ならではのワークライフバランスのとれた働き方を目指し、自らの力を1番発揮できる方法で、経済力とやりがいを共に手に入れる仕事を見つけましょう。

TOPへ