生産管理の仕事内容とは? 必要とされるスキル

生産管理の仕事内容

「生産管理」の役割とは?

計画に基づいて製品がきちんと出荷できるよう体制を管理するのが「生産管理」。しかし、管理するのは実際の製品についての計画や現状だけではありません。実際にものを作る製造とものを売る営業、この2者に向けての調整も行います。つまり、ものが作られて市場に出るまで、また、適切な数がきちんと出荷されるかをトータルで管理していく「製品の管理者」が生産管理なのです。

「生産管理」の業務内容と必要なスキル

・生産管理の業務内容
まず販売計画等から生産計画を立てます。
それに基づいて原材料の発注先決定や価格交渉・納期管理・在庫管理、作業員の割り当てや工程管理、品質管理などを行っていきます。
複数の製品を製造していれば、在庫状況や優先順位の変動によって工程を変更するなど臨機応変な対応も求められます。
また最近では市場調査から新しい製品の企画、設計、販売計画まで求められることもあるようです。実際に製品を作っている立場だからこその気づきを次の製品へ生かす能力が求められてきています。

この仕事を一言で表すなら「司令塔」。「都度変わる状況から適切な判断をする」といった細かな部分から、「計画通りに全て進行しているか」といった全体的な部分まで、さまざまな管理をしていく仕事なのです。例えるならそれはスポーツチームの監督。全体把握と適切な指示を出すことが必要なのです。

・必要なスキルや生かせる経験
生産管理に必要なスキルはマネジメントや対応力、予測や情報分析の能力です。何をどのようにしたら過剰生産にならずに売れるのか、についてはマネジメント経験が生かせます。それに、計画通りにいかない予期せぬ出来事が発生するなど、状況が往々にして変わるため、対応力も必要とされます。どんな状況でも動じず、冷静に判断することがとても大切です。
また、情報分析や予測する能力も必要です。日々の動きやこれまでのデータから、現在どのような状況にあるのかといった現状の把握、今後どのようになりそうかといった予測を行うことは、管理においてとても重要な部分。あらかじめいろいろなことを想定して準備し、不測の事態に備えることも必要でしょう。

「生産管理」は製品の最初から最後までに携われる、やりがいのある職種

生産管理はやりがいのある職種。なぜなら、販売計画に基づいて原価管理、発注先選定、生産計画、原材料管理、製品の製造・出荷までを管理し、滞りなく製品が流通するよう努めるからです。これだけ長い間、製品と関わり、最後まで見ていく仕事は他にはないでしょう。
未経験の場合でも就業可能ですが、募集の数は少なめです。しかし、製造や購買の経験があると、アピールになります。先に、製造や購買の経験を積んでから就業を目指すと良いかもしれません。

> 正社員 生産管理のお仕事を探してみる
> 派遣 生産管理のお仕事を探してみる

TOPへ