中途採用での転職を成功させるために、面接で意識したいポイントとは!?

中途採用での転職を成功させるために、面接で意識したいポイントとは!?

中途採用の面接で企業が注目するポイント

新卒採用の面接で企業が見極めようとするのはポテンシャルです。自社に合う人物かどうか、印象的な出来事や失敗経験など、抽象的な質問で図ろうとするのです。
一方、中途採用の面接では実績・経験です。「今」「このポジション」で募集を掛けるため、何をやってきたのか、自社でその経験を生かし活躍してくれるのかを見極めようとしています。

応募者側も、これまでの経験やスキル、今後のキャリアプランを明確に語る必要があります。新卒採用時のように意欲だけでは面接に通りませんし、もし通ったとしても長く勤務できる理想の会社との出会いにはならないかもしれません。 では実際にどのようなことに気を配って面接に臨めばいいのか、具体的なポイントをご紹介していきます。

転職を成功させるために、面接で意識したいポイント

・転職をあせらず、企業を見るという意識をもつ
転職者は、今まで定期的に入っていた賃金が途切れることを恐れたり、今の職場から離れたいという思いが強かったりと、少しでも早く新しい仕事に就きたい思いになりがちです。しかし、企業は中途採用者に、企業を見極める正しい判断力を求めています。企業側としても、転職者に選ばれる存在であろうとしているのです。

ですから面接官の話に対して安易に意見を合わせたり、その場しのぎの答え方をしたりするのは、双方にとってポジティブではないと言えるでしょう。「選ばれるようにする」だけでなく、「自分が選ぶ」という意識も強く持つことが、面接官のアピールにも、自身の転職の成功にもつながるのです。

・採用された後の働き方まで、相手にイメージさせる
採用されることもゴールのひとつではありますが、さらに重要なのは採用後のこと。面接官が見極めたいのは、今のあなただけでなく、入社後あなたがどのように働きたいかなのです。

入社後のポジションや細かな業務内容などについて、具体的に確認しましょう。なかには聞きにくいこともあり、「こんなことを聞いたら採用されなくなるのでは?」と恐れる気持ちもあるかもしれません。ですが、入社後のことをより具体的に知りたいと考えるのは、入社後のプランを明確に持っている証です。

謙虚な姿勢を守りつつ、積極的に質問しましょう。そのうえで、自分が転職後にその会社でどのように働くことができるのかというイメージを伝えられるとよいでしょう。

・実績から必要とされている話題を選び、適切にコミュニケーションする
転職者は社会人経験があるだけに、さまざまな話題を持っているはずです。その転職先にとって重要な経験や実績を話のテーマとしてピックアップし、各面接の前に準備しておきましょう。

ビジネスパーソンにとって、求められている情報を汲み取り、適切なコミュニケーションをとることは必須のスキルです。面接官は当然、コミュニケーションスキルを確認し、応募者が一緒に仕事ができそうな人物かどうか確認しています。

実績や自身の展望については話すことも大切ですが、相手が聞きたいことを中心に話し、「まず結論から」という意識で話すようにしましょう。

面接をチャンスととらえて、転職活動の成功につなげる!

中途採用者は、面接への臨み方を工夫することで、転職活動の成功の確度をあげることができます。面接は企業を見る重要なチャンスとして考え、自分の展望をしっかりと伝えましょう。

プロフィール

I.S

入社10年目、アカウントセールスを経てスタッフコンサルタント主任

数年前に取得したキャリアカウンセリングの資格を生かし、多くの求職者のお役に少しでも立ちたいと思っています。

趣味 オルガン演奏
好きな言葉 臨機応変
口癖 なるほど
将来の夢 一人でも多くの方のキャリアカウンセリングをすること

TOPへ