ポテンシャル採用とは!? 企業は応募者のどんなところを見ている?

ポテンシャル採用とは!?企業は応募者のどんなところを見ている?

未経験者が応募しやすいポテンシャル採用

企業の中途採用には、「経験者を募集する即戦力枠」と「未経験者を募集するポテンシャル枠」があります。不景気には即戦力募集ばかりが目立ち、未経験者が応募できる職種は限られていました。
一方好景気になると未経験募集が増加します。未経験募集の際に重要となるのが「ポテンシャル」。では、企業が求職者のどのような点を見てポテンシャル採用を行っているのか、詳しく見ていきます。

「ポテンシャル採用」のメリット、判断基準は?

ポテンシャル採用とは
ポテンシャルとは、本来的な資質や可能性を含めた能力のこと。今できることという現在のスキルよりも、これから発揮されるであろう潜在的能力も含めて重視するのがポテンシャル採用です。

この採用形態が盛んになった背景には、長引く不況のなかで企業が新卒採用の枠を減らしたため、若手人材が手薄になっているという現状があります。また、経験者を募集しても各社が募集を掛けているため人が集まらないのです。 そこで、企業は未経験の若手人材を育てるつもりで採用しようとしているのです。

ポテンシャル採用のメリット
応募者にとってのメリットは、経験やスキルが足りない分野の業界に応募できること。

また、ポテンシャル採用の対象は20代の第二新卒がメインです。そのため、「新卒で就職に失敗した」「企業に入ったあとで、自分のやりたい仕事が変わった」といったケースの救いとなる可能性もあります。未経験を前提とした採用なので、教育・研修をしっかりやってくれる企業も多いです。

ポテンシャル採用で企業が見ているポイント
経験やスキルを考慮しないとはいえ、新卒とは違い明日からでも名刺を持たせて外に出せる人材と考えていますので、組織に適応し、行動できる人材を求めます。社会人としてのマナーやコミュニケーション能力は必須です。

また、一貫した職業観や自己理解も求められるので、これまでの経験が、その職場でどう生かせるのか自分なりに整理しておきましょう。組織風土や職場については、面接や質問の機会を有効に活用し、自分を生かせるかどうか、マッチングを図ってみてもよいでしょう。

さらに、あくまで今後の成長可能性を判断されるため、高い意欲をアピールすることも重要です。しかし、自分本位なだけでは通用しません。大前提として、仕事や職場が先にあって、そこに適した人材が選抜されるのです。

新たな職種や業界に飛び込むチャンスにしよう

経験や実績ではなく、潜在的能力を評価してもらえるポテンシャル採用。求職者からすると、未経験の職種・業界にチャレンジできるという大きなメリットがあります。企業側は「未経験の人材を育成する」という前提のもと採用を行っているので、仕事をこなしながら、ある程度は時間をかけて仕事に慣れていくことができるでしょう。

近年は、ポテンシャル採用を行っている企業が増えています。転職先を考えるときは、尻込みすることなく、未経験の業界や職種を視野に入れてみましょう。転職活動は、自分を知り、企業を知る、良い機会でもあります。視野を広げ、自分の可能性を大きく高めてください。

TOPへ