子育て中の転職を成功させる、面接の3つのポイント

子育て中の女性の転職を成功させる、面接対策3つのポイント

現代では、子育てをしながら働く女性も少なくありません。今は子育てに専念しているけれど、落ち着いたら仕事に復帰しようと考えている方も多いのではないでしょうか。

しかし、子育てをしながら仕事をするのはもちろん、家事や子育てをしながらの限られた時間内で行う転職活動はとても大変です。特に面接では、子どものお迎えや急な発熱など、子育てで必要となる時間の使い方について質問されることが多くあります。

そんな子育て中の女性の面接で多く尋ねられる質問にしっかりと答えられるよう、今回は子育て中の女性の、面接で対策しておくべき3つの質問のポイントについてご紹介します。

子どもに関する質問の対策をしておく

子どもに関する質問の対策をしておく

子育て中の女性の面接では、子どものことについて尋ねられた時の準備をしておく必要がありあます。 よく聞かれる質問として「子どもが熱を出した場合どうするか」という内容が挙げられます。このような質問は、予測できる事態に対してどのような準備体制を取っているのか、仕事上のフォロー体制の必要性を聞かれていると考えて良いでしょう。 子どもが熱を出した時には両親や旦那さんに任せることができるが、どうしても都合が付かない場合は自分が行く可能性もあるなど、具体的な対応の手順ややむを得ない点は予め話しておきましょう。

決して「休みます」と言ったような回答だけにとどまらず、不測の事態が起こり得る中でどのように仕事と向き合って行くのかという具体的な対策を練っておくことが大切です。

時間に制限があることを強調しない

時間に制限があることを強調しない

働く時間に制限がある場合、面接で主張しすぎることは控えましょう。
勤務時間について主張し過ぎると、協調性に欠けるような印象を持たれ企業側が採用メリットを感じにくくなってしまいます。

まず履歴書の希望条件欄に子どものことと、送迎等の都合による勤務時間の希望を記載し応募します。
面接では、自身の勤務時間の制限は1度だけ希望として伝え、その上で仕事に対してどのように取り組むのかという視点を持って仕事に対する意欲を伝えましょう。

また、子育て中の女性の面接でされがちな質問の中に「残業はできますか?」という内容があります。
このような質問に対しては、仮に残業が難しい場合でも、「できません」とだけ答えるのではなく、前向きな回答を心がけましょう。例えば、「できる範囲で行いたいと考えています。残業が難しい場合に関しては、日々の業務を効率的に進められるように工夫するなど、できる限りの対応をして行くつもりです。」など、時間に制限がある中でもパフォーマンスを発揮して行く姿勢をアピールしましょう。

ただ、もちろん安請け合いはいけません。残業が出来ないと採用されないからと言って、面接時に嘘をついてしまうと後で困ったり、周りからの信頼が下がってしまいますので気をつけましょう。

その会社で働きたいというアピールをする

面接で必ずと言って良いほど尋ねられるのが志望理由です。
子育て中の女性の転職理由は人それぞれです。面接を受ける企業や職種については予めしっかりと下調べを行い、「その企業だからこそ」の志望理由を話せるようにしておきましょう。
またその際には、自身の都合を押し付けるだけではなく、自身を採用することで、企業側にどのようなメリットがあるのか、どのようなことに貢献できるのかについても伝えられるように準備しておきましょう。

企業が求めているのは、採用したことで企業に利益をもたらしてくれる人材です。
子育てをしながらもしっかりと将来のビジョンを描き、その会社に入ってどういうことをしたいのか、どんな風になりたいのかをイメージして面接官に伝えられるよう、事前に準備をしておきましょう。

おわりに

子育てと仕事の両立は、さまざまなサポート無しでは難しい側面もあります。ですが、採用する側として注目しているのは、あくまで、どれだけ仕事に熱意を持ち、企業に価値をもたらしてくれるかです。子育て中でも時短勤務でも、価値ある仕事をしてくれる人材を企業は求めています。
子育て中だからといって転職をあきらめるのではなく、ぜひ自分の働きたい会社を見つけて、子育て中でもしっかり働けるということを企業にアピールしてください。

TOPへ