コスパの高い資格とは?転職前にとっておきたい年収アップにつながる資格

年収アップにつながる、転職前に取っておきたいコスパの高い資格とは?

転職を考える際、「どのような資格を持っていれば転職活動に有利なのだろうか」「キャリアチェンジが可能な資格は何か」と考えている方も多いのではないでしょうか。
一口に資格を取るといっても、多くの資格の中からどの資格を取れば良いのか分からないというケースも少なくないと思います。そこで今回は、女性が転職する際に年収アップにつながる資格や、家庭を持つ女性に人気の資格についてご紹介します。

高収入が期待できる資格

高収入が期待できる資格

市場ニーズが高く独立開業もできるため、年収アップにつながる資格として以下の4つの資格が人気を集めています。

・行政書士
・中小企業診断士
・宅地建物取引士
・ファイナンシャルプランナー(FP技能士、AFP/CFP)

上記4つの資格は学習項目が多く、レベルも高いものが要求されます。また資格取得に要する時間も長く、取得できるまでの期間が半年から1年、場合によってはそれ以上かかるケースもあります。
ただし一度資格を取得すると、結婚や出産に関わらず仕事にそのまま生かせる資格であるため、安定して仕事をし続けることができるでしょう。

特に宅地建物取引士(宅建)は、数ある国家資格の中でも特に人気があります。資格取得の際に民法も学習することになるため、宅建取得後に他の法律系資格の取得も目指すことができます。宅建取得には努力が必要ですが、不動産業界への転職活動のみならず、金融やその他業種への転職にも有利に働くでしょう。

女性に人気がある資格

女性に人気がある資格

女性の場合、結婚、出産・育児などのライフイベントの変化によって、今までの仕事をそのまま続けるのかどうかを悩む女性も少なくありません。 家庭と両立しながら仕事を続けたいという女性には、以下の資格がおすすめできます。

・医療事務
・登録販売者

上記2つは都心だけでなく地方でも仕事を探しやすく、転勤などの引っ越しが多い家庭の女性にとって、環境が変わっても仕事を見つけやすい資格と言えます。またこの2つの資格は、実務経験が問われます。医療事務は資格がなくてもできますが、どちらの資格も未経験の方は、まず資格取得から始めることをおすすめします。

キャリアプランに合わせた計画的な資格取得を

これまで高収入が期待できる資格や女性に人気の高い資格についてご紹介してきましたが、最も大切なのは自身のキャリアプランに合わせた資格の取得や仕事経験を積むことです。
弁護士や税理士、司法書士などの専門職への転職を考えている方は資格取得が必須となりますが、資格必須な専門職でない場合は資格がなくても転職できるケースがあります。

ただし、転職先として考えている仕事に関連した資格や、スキルを証明する手段としての資格は、持っていると転職活動を有利に運んでくれます。
現在と異なる業種への転職ではなく、同じ職種でのキャリアアップを目指して転職活動を行う場合、これまでの経験や経歴を再確認して、今後関わっていきたい仕事に関連した資格取得に励むという方法も1つの考え方でしょう。

しかしこれまでの経験とは異なる業種への転職を目指す場合、たとえ資格が取得できたとしても、実務経験がないという理由でなかなか転職先が決まらないケースもあります。自分自身のキャリアを過去から現在、将来どうなっていたいかを考えた上で、自分の今後のキャリアプランを考慮しながら計画的に資格を取得することをおすすめします。

おわりに

収入アップを目指して転職活動をする方にとって、資格取得は有利に働きます。特に結婚や出産でブランクがある中で再就職を考えているという女性は、取得した資格がスキルの証明になります。転職に有利な資格を取得して、ライフスタイルとキャリアアップの両立を目指してください。

TOPへ