IT業界の職種について、仕事内容を解説

it-category.PNG

IT業界は、近年成長している企業の多い業界です。IT企業で働いたことはなくても、転職先として気になっている人もいるのではないでしょうか?ひとことでIT業界といっても、さまざまな職種があります。この記事では、それぞれの職種について詳しく解説し、年収も紹介します。自分にあった職種を探す参考にしてください。

業界は4つに分類できる

IT業界は、インターネットやスマートフォンといった、現代の生活に必要不可欠なインフラや技術を支えるサービスです。分野によって、「ハードウェア業界」、「ソフトウェア業界」、「情報処理サービス業界」、「インターネット・Web業界」の4つの業界に分けることができます。ここでは、それぞれの業界について詳しく解説していきます。

ハードウェア業界

ハードウェアとは、パソコンやスマートフォンなどの情報機器、プリンターなどの周辺機器、さらにそれを構成する電気回路のことです。こうしたハードウェアを開発しています。

「組み込みシステムエンジニア」は機器の特定の機能を実現するための組み込みのシステムを作るエンジニアです。また、契約したクライアントのハードウェアの保守などを行うのは「フィールドエンジニア」です。どちらもハードウェアの性能に関しての知識が必要です。

ソフトウェア業界

ソフトウェアとは、ハードウェアにあたる情報機器などを目的に沿って動作させるためのプログラムです。システム全体を制御するためのOS(オペレーティングシステム)や、特定の作業をおこなうためにあるアプリケーションソフトの2種類があります。このようなソフトウェアの開発を行っています。

製品開発の根幹を担うのが「プログラマー」です。また、システム開発全体に関わる、「システムエンジニア」も活躍します。

情報処理サービス業界

企業などが、情報処理のシステムを導入する際のサポートを行うのが、「情報処理サービス業界」の企業です。その企業にとって最適なハードウェアを選んだり、必要なソフトウェアを既存のものから選んだり、新たに開発することが主な仕事です。

「セールスエンジニア」は、自社の製品を紹介します。「ITコンサルタント」は、企業の問題点をITで解決する提案を行う仕事です。どちらもコミュニケーション能力と、エンジニアとしての経験が重要な職種です。

インターネット・Web業界

この業界は、企業のwebサイトの運営や、ポータルサイト・SNS・ショッピングサイトなどの個人でも比較的よく目にするサービスを担う業界です。また、企業でのネットワークの構築などのサービスも担います。

インターネット・Web業界では、「Webデザイナー」が、Webサイトのデザインを担当します。「Webディレクター」が、Webサイトの制作にかかわる人をまとめます。また、「プログラマー」や「コーダー」と呼ばれる人が実際にWebの制作にあたります。


業界の多様な職種

IT業界の職種は、上で紹介したような4つの業界について、複数の業界にまたがっているものもあれば、特定の業界に特化したものもあります。以下では、主な職種を4つのタイプに分けて解説します。


業界のエンジニア系の職種一覧

エンジニア職とは、ITの分野では、情報技術の技術者全体をさす言葉です。情報技術そのものに加え、コミュニケーション能力など、周囲の人と円滑に仕事をする能力も重要です。理系出身に限らず、文系出身でも技術を学べばエンジニア職を目指せます。

システムエンジニア(SE)

システムエンジニアの仕事は、クライアントの要求をプログラムに反映させることです。システムの設計・製造から、完成したシステムのテストまで、一貫してシステムの開発に関わります。自らプログラミングを行うのではなく、全体を俯瞰して、クライアントとの交渉や仕様の確定を行います。

クライアントの要求を汲み取り、プログラマーに的確に伝えるために、システムの知識に加えて、クライアントと円滑にコミュニケーションを取る能力や、プログラマーに仕様を伝えるために論理的な文章を書く能力が求められます。クライアントの業界に関連する知識も常に学ぶ必要があります。

プログラマー

プログラマーの仕事は、システムの設計を担当するシステムエンジニアと連携して、実際に求められているプログラムのコードをかくことです。

プログラミング言語の知識はもちろんですが、システムエンジニアとのスムーズにコミュニケーションがとれること必要です。設計されたコードをかいてそのとおりに動作しないときには、システムの欠陥をみつけ、システムエンジニアに指摘します。

基本情報技術者試験、応用情報技術者試験、プログラミング言語の資格をもっていると有利です。

サーバーエンジニア

サーバーエンジニアは、サーバーの運営や保守といった、サーバーの管理に関する業務を担います。クライアントが必要としているサーバーの性能を考慮してサーバーを設計し、予備のサーバーをどの程度準備するか、サーバーに対する負荷をどうやって分散するかなどを考慮します。
またサーバーに必要な配線やアプリケーションのダウンロードなどを行います。

LPIC・CCNAといったシスコ技術者認定や、マイクロソフト認定資格プログラムの資格をもっていると有利です。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアは、ITの中で、特にネットワーク環境に特化したエンジニアです。ネットワークのシステム設計から、構築、その後の運用や保守
などに関わります。ネットワークは一度構築すると比較的長く使用されることが多いため、運用・保守がメインになることが多いです。

システムの開発などをすることもあるので、システムエンジニアの経験があればそれを生かすこともできます。もっていると便利な資格は、CCNA、ネットワークスペシャリスト試験などがあります。


営業・コンサルタント系の職種一覧

営業・コンサルタント職とは、エンジニア職が開発したシステムを販売し、自社でどのようなシステムを開発するか検討する職種です。営業の仕事は、自社の製品やサービスをアピールし、顧客を獲得することです。また、クライアントの経営の方針に合わせ、システムの運用をサポートするのがコンサルト職の仕事です。

ITコンサルタント

ITコンサルタントは、クライアントや案件に応じて、システムの開発・導入を検討したり、すでに導入されているシステムの改善すべき点などを検討したりして、クライアントの経営をサポートします。

それぞれの案件に対して、リーダーとして主導的な役割を果たすことになるので、幅広い知識や経験が求められます。たとえば、技術的な知識や業務内容への理解があること、他の職種とも協力体制がとれる協調性、クライアントの要求を実現するためにどうすればよいかを具体的に考えることができる論理的思考力などです。

IT営業

IT営業は、他の業界での営業職と同様に、自社の製品を客にすすめることが仕事です。他の業種での営業職の経験も、役に立ちます。商品をすすめる上では、商品への理解も重要なので、ITの技術についての知識も身につけていく必要があります。

IT業界で働いた経験がなくても、他の業種で営業の経験があれば、ITの知識を学びながら未経験から始めることもできます。また、営業の仕事をしながら、IT関連の知識を身に付けることで、営業以外の職種を目指せる場合もあります。


マネジメント系の職種一覧

マネジメント系の職種は、プロジェクトの管理を行う仕事です。

ここでは、プロジェクトマネージャーとプロジェクトリーダーについて説明します。

プロジェクトマネージャー

プロジェクトについての意思決定を行う仕事です。社内や社外との交渉・調整を行うので、幅広い能力が必要になります。具体的には、エンジニアと円滑に意思疎通ができるITに関する知識、社内の様子を俯瞰する能力、クライアントへの交渉力などです。

主に、現場でシステムエンジニアとしての経験を積み、プロジェクトリーダーになってから、プロジェクトマネージャーになるのが一般的です。

資格は、PMP試験、プロジェクトマネージャー試験、ITストラテジスト試験、応用情報技術者試験などがあります。

プロジェクトリーダー

プロジェクトマネージャーが、全体的なとりまとめを行うのと比べて、プロジェクトリーダーの仕事は、プロジェクトマネージャーのもとで、開発現場を統括することです。

資格には、応用情報技術者、情報処理技術者試験、PHP技術者認定上位試験、プロジェクトマネージャー試験などがあります。


インターネット・Web業界特有の職種一覧

インターネット・Web業界は、個人向け、企業向けいずれにも、Webサイトを作成し、運営を行っています。この業界特有の職種としては、Webプロデューサー、Webディレクター、Webデザイナーなどがあります。

ここでは、インターネット・Web業界に特有のこれらの職種について詳しく紹介します。

Webプロデューサー

Webプロデューサーは、Webサイトの企画を行う仕事です。Webサイトの企画には、プログラマーやクライアントなどさまざまな職種の人と関わるので、幅広い知識が求められます。Webサイト作成の責任を負い、企画の立ち上げ、制作現場の監督や、納品した後のフォローなど、仕事は多岐にわたります。

Webに関係する知識に加え、交渉力などのマネジメント能力といった、Web以外の幅広い知識が必要です。経験が強みになる職種ですが、未経験からWebプロデューサーを目指すのであれば、「Webクリエイター能力認定試験」や、「Web検定Webプロデューサー」などの資格をもっているとよいでしょう。

Webディレクター

Webプロデューサーが立ち上げた企画を実行するために、エンジニアと協力して製品を形にしていく監督業務を行うのがWebディレクターです。

通常は、複数の案件を掛け持ちすることが多いので、それらのスケジュールなどをうまく管理していく能力が重要です。マネジメントのスキルや、技術職の経験が役に立ちます。

Webデザイナー/プログラマー

Webデザイナーの仕事は、その名の通り、Webサイトのデザインを担当することです。ウェブサイトの設計図をWebディレクターと一緒につくり、実際にコードを書いて形にしていく作業が主になります。

HTMLやCSS、JavaScript、IllustratorやPhotoshopなどの画像処理ソフトを使えることや、デザイン全般の知識が必要になります。


まとめ

IT業界には、大きく分けて4つの業界とその中にもさまざまな業種があり、業種によって仕事内容が異なることを紹介しました。知識や経験が必要な職種も多いですが、他の業界での経験を活かして働き、IT業界への知識や経験を積むことで、スキルアップすることもできます。それぞれの職種の年収についてはこちらの記事をごらんください。また、こちらの記事ではIT業界の実態や転職のコツについてまとめていますので、そちらも是非参考にしてみてください。

マンパワーグループのJOBNETでは、未経験からできるIT業界の求人も多く紹介しています。ぜひ自分に合う求人を見つけてください。

TOPへ