薬剤師の派遣ってどんな仕事内容?ママ薬剤師のライフスタイルに合わせた働き方

薬剤師の派遣の仕事内容

増える「ママ薬剤師」

今、子育てをしながら薬剤師として働く「ママ薬剤師」が増えています。この背景には、出産・育児後の女性の社会復帰が盛んになったことと、長年続く薬剤師の売り手市場により、薬剤師資格を持っているだけで引く手あまたとなり、仕事を得やすい環境が整っていることがあります。
ただ、売り手市場とはいえ、希望通りの職場を見つけられずにいる方も大勢います。このコラムを読んでいらっしゃる方の中にも「子どもが小さいので近所で働きたい」「子育てに理解があり休みに寛大な職場がいい」「子どもの送り迎えのため、長時間は働けない」など、さまざまな希望を抱えていらっしゃる方が多いのではないでしょうか。
育児との両立を考えて再就職を検討する方はパートを選択される方が大半ですが、最近では派遣を選択する方も増えてきています。

ワークライフバランスを実現する「派遣」

実際、多くのママ薬剤師が派遣として働いています。私が過去に担当させていただいていたTさんは、子どもが小学校に上がったのをきっかけに就職活動を開始。勤務条件の交渉を派遣会社にやってもらえるのが魅力、と短時間勤務で活躍されています。
また、Aさんは調剤薬局での勤務は育児との両立が難しいと相談に来られ、製薬会社に派遣で勤務しています。製薬会社での勤務については後でもう少し詳しくお話しします。
派遣はパートと何が違うのかと疑問を持っていらっしゃる方もいるかもしれません。勤務時間、勤務地、出勤日数など交渉により融通が利く点は、どちらもほぼ同じといえます。しかし、パートが就業先の企業と直接雇用契約を結ぶのに対し、派遣の雇用元は派遣会社です。就業先との間に派遣会社をはさむため、自分では言いにくい就業条件の交渉はすべて派遣会社に任せることができます。余計な気遣いをせずに済むのは、派遣の魅力と言えます。

薬剤師免許で働ける職場とは

製薬会社で勤務することになったAさんは、大学を卒業後、大手調剤薬局に就職。数年勤務された後、結婚を機に退職。2人のお子さんの手が離れてきたので調剤薬局でのパート勤務を始めたそうですが、人数に余裕がないお店だったために、とにかく休みが取りにくく、弊社に相談にいらっしゃいました。その結果今では、外資製薬会社で治験関連のお仕事に就いています。もちろん最初は勉強することが多く戸惑いもあったようです。しかし、フルタイム勤務ですが残業はほとんどなく、また子育てに寛容な環境であることから、今では長く勤務してスキルを積みたいと、大変意欲的です。

働きたい地域や分野がはっきりしている方はご自身で情報収集をして就職されるのが一番近道ですが、勤務条件の希望がある方、製薬会社への転職など別の道を模索されている方は、派遣という道を検討されるのも一つかもしれません。

JOBNETでは、お仕事のご紹介もしています。

医療のお仕事・求人一覧

治験のお仕事・求人一覧

TOPへ