経理の転職。転職に有利な経理経験とは?

経理分野での転職 最近の業界動向と必要とされる人材とは?

会社にとって必要な経理の仕事とは?

「経理」とひとくくりにしてしまいましたが、会社のお金の流れを管理する業務は、経理・財務などに業務内容が分かれます。財務会計と管理会計の内容で分けることもあるでしょう。企業によって部署の名称・役割は変わりますので皆さんの認識も様々かと思いますが、経理は日常の入出金管理から決算、財務は予算編成や資金の調達という分け方が多いかもしれません。
中小企業では、人件費などを含む理由から経営者自身が経理業務を行っているところも珍しくないようで、専門的な知識を必要とする経理業務を行いながら、平行して経営業務にも携わっている方もいるようです。
一方で、売掛買掛金管理や月次決算などを外注する企業も増えています。
経理に携わる方は、企業内でコア業務を担当するか、監査法人や経理業務を請け負っている会社で一般的な経理業務に携わるかのどちらかの選択がますます増えていくのかもしれません。

転職に有利な経理経験

一般の企業に転職する場合で考えてみます。経理は専門職であり、企業によってさほど内容に違いがない職種なので、これまでの経験が非常に重要です。
経験は「会社の規模」「具体的に任されていた職務内容」「担当人数」「中心メンバーとして決算の指揮を執ったか」「補佐的立場だったのか」など、様々な要素が重要ですが、希望する転職ポジションと同様の経験があれば転職を有利に進められます。未経験の転職は狭き門となってしまいますが、これまでの経験の中で○○はこの時期に手伝った経験があるとか、関わった経験を少しでも多く集めておくことと、関われるポジションに今いるのであれば手を広げてみて下さい。
また、企業の海外進出に伴いIFRS(国際会計基準)などの実務経験があれば、より選考を有利に進められるでしょう。
一方で、スタンスも重要です。アウトソーシングとは違い、自社の経営状態を間近にしているポジションだからこそ、経営者と同じ目線に立つことが求められています。「課題を見つけ経営陣に進言できる」そんな人材になっていけば、会社からみた視点も変わってくるでしょう。

増加傾向にある経理のスペシャリストへの外注

近年、中小企業の経営者が業務の負担も軽くするために注目しているのが『経理アウトソーシング』です。これは、領収書、売上・仕入れなどの書類を送って経理・記帳などを代行してくれるサービスのことです。
最近では、経理はもちろん、管理部門が担う業務をすべてアウトソーシングする企業が増えてきました。この背景には、バブル崩壊による新卒採用の縮小や団塊世代の大量退職に伴い、管理部門を担う人員が急速に減少していることが挙げられます。また、国内のメーカー各社は海外企業との競争を余儀なくされており、工場の設備投資や営業部門、開発部門の組織強化に人件費を充てる傾向にあります。
その大きなメリットは、正社員として経理を一人採用するよりも、費用対効果が高いことでしょう。人員・資金ともにコア事業に集中させられるため、アウトソーシングする動きはいっそう強まりそうです。
一つの会社にとらわれずに、より多くの経験を積みたいと考えている方は、経理のスペシャリストが集まったアウトソーシング会社に転職をするのもいいでしょう。

経理業務をキャリアアップしていくために必要なこと

経理は、専門性が求められるだけに、他の職種よりも年齢の壁は低く、しかも他の職種での経験を生かすこともできます。たとえば、財務を採用したい企業にとって、経理の実務経験者は活躍できる可能性が高いと判断されます。経営企画や新規事業企画でも親和性は高いでしょう。
また、たとえ専門性に自信がなかったとしても、幅広く業務に携わってきたという経歴は、ベンチャー企業にとって大きな魅力に映るはずです。そもそも経理は、業界に縛られず専門性を磨けることが特徴です。この先どんな知識を吸収し、どんな経験を積みたいか明確にしましょう。
どんなに有能だったとしても、ビジョンを見据えていないと、本人・企業双方にとってメリットがありません。今後のキャリアをしっかり考えておくことこそ、良い環境を見つける上で必要なことなのです。

プロフィール

I.S

入社10年目、アカウントセールスを経てスタッフコンサルタント主任

数年前に取得したキャリアカウンセリングの資格を生かし、多くの求職者のお役に少しでも立ちたいと思っています。

趣味 オルガン演奏
好きな言葉 臨機応変
口癖 なるほど
将来の夢 一人でも多くの方のキャリアカウンセリングをすること

TOPへ