転職の面接で最低限おさえるべきマナー。時間・服装・身だしなみ、挨拶など

時間や服装・身だしなみ、挨拶など、転職の面接で最低限押さえるべきマナー

書類が通れば、いよいよ面接。これは自分の強みをアピールできる絶好の機会です。自己紹介や志望動機を事前に整理するなど、万全の準備をして臨みたいもの。その際に社会人として最低限のマナーを守ることも忘れずに心がけましょう。志望動機だけではなく、その人の態度そのものが面接の際のチェックポイントとなっています。

社会人としてのルールを守る

当たり前のことですが、まず時間を守りましょう。面接の時間に遅れることのないよう、余裕をもって行動し、約束の時間の10~15分前には到着しておきます。かといって、あまり早すぎるのもマナー違反となるので、注意しましょう。面接に臨む際にはあらかじめスマートフォンや携帯電話の電源は切っておきます。マナーモードではバイブレーション機能の音が面接の妨げになり、評価を下げる場合もありますので注意してください。コートやマフラーなどを着用している場合は、あらかじめ脱いで手に持ち、身だしなみを整えてから面接会場へ入りましょう。

誠実な印象を与える行動を

受付を済ませ、面接会場へ入室する際は、ドアをノックし、返事があってから入ります。その際、挨拶はドアを開けてから「○○と申します、よろしくお願いいたします」とし、着席する前にもう一度「よろしくお願いいたします」と挨拶をすると誠実な感じが増します。また着席は促されてからにしましょう。椅子の背もたれには、もたれかからないようにして、姿勢を正して座ります。面接担当者と会話をする際は、相手の目をみてはっきりとした受け答えをしましょう。会話の中では、担当者の話にも相槌を打つなど、理解を示す態度をとることも忘れずに。

退出する際にも気を配って

面接が終わるとほっとしてしまいそうですが、立ち上がって「ありがとうございます」と挨拶し、ドアの前でも「失礼します」と会釈をします。ドアは静かに閉めてから立ち去ります。
退出する際も、廊下などで社内の人に会った場合は、はっきり感じよく挨拶をするなど、建物を出るまで気を抜くことなく誠実な態度をとりましょう。

一連の行動の中で、そわそわする、会話の際に視線をそらす、だらしなく椅子に座る、不必要に髪を触るなどは好ましい態度とは言えません。また、面接担当者を待っている間にスマートフォンや携帯電話を触っているのもいい印象とはいえません。日頃のくせや習慣にも気を付けておきましょう。きちんとしたビジネスマナーを守ることは、自覚ある社会人としての姿勢を表せるよい機会です。面接担当者に好印象を与えるマナーを心得ておきましょう。

プロフィール

T.C

入社3年目、アカウントセールス担当

企業の担当者様、派遣社員の方、支店のメンバーなど自分に関わるすべての方々から毎日教えてもらうことばかり。日々切磋琢磨しています。

趣味 フットサル
好きな言葉 蒔かぬ種は生えぬ
口癖 申し訳ございません
将来の夢 とりあえず今日の事だけで手一杯な状態を抜けだすこと

TOPへ