転職を成功させる「チェック項目」とは?

転職を成功させるチェック項目とは?求人情報や企業サイトで見るポイント

現在転職活動中の方は、求人情報や企業サイトに必ず目を通すでしょう。しかし情報量が多く、何を判断材料にすべきか分からなくなってしまうこともあるかもしれません。そこで今回は、転職を成功させるためのチェック項目をご紹介します。

押さえるべき求人情報のポイント

押さえるべき求人情報のポイント

求人情報のポイントを押さえることで、効率的な企業選びや面接対策にも役立ちます。各項目でどのような点に注目すれば良いか、以下のポイントをチェックしてみましょう。

会社概要
資本金や売上高、事業内容などの会社の基本的な情報を読み取ります。特に設立年や資本金は、業界内でのその会社の位置や経営の安定性を判断する1つの目安になります。

業務内容
エンジニア職や営業職など、同じ職種の募集でも、企業によって実際の業務内容はさまざまです。入社した場合に自分がどのような業務を担当するのか、その仕事が自分のキャリアやスキルとマッチしているのかを確認してください。

福利厚生
厚生年金、健康保険、雇用保険、労災保険の4つが備わっていれば、社会保険は完備されています。結婚・出産後もキャリアを積みながら働きたいと考えている場合は、育児休暇取得率や「くるみん」取得など子育て世帯へのサポートに力を入れているかに注目すると良いでしょう。

募集背景
募集背景には、会社がなぜ人材を募集するのかという背景や理由が記載されています。企業側の今後のビジョンが反映されていることも少なくありません。企業の持つビジョンと自分のなりたい将来像との方向性が近いのかを考え、その中で自分がどのように会社に貢献するのかを考えておけば、後のエントリーシートやその後の面接などで自分をアピールしやすくなります。

給与体系
入社後に慌てることがないよう、記載されている給与額から保険料などを差し引いたおおよその手取り金額を自分で計算してみましょう。額面の中に各種手当が含まれている場合があるため、注意してください。賞与の有無もチェックし、年収額が希望を満たしているかどうかも確認すると安心できるでしょう。その他、基本給以外の手当(役職手当や住宅、家族手当など)の有無も目を通しておきましょう。

労働条件
労働条件の項目では、終業時間や残業時間の目安、休日をあらかじめチェックしましょう。「週休2日制」と「完全週休2日制」では、年間の休日数に違いがあります。週休2日制は1カ月間に週2日の休みが1回以上あることを指し、毎週2日休めるとは限りません。一方、完全週休2日制は毎週2日休むことができます。

企業サイトを訪問して、入社後の姿をイメージする

企業サイトを訪問して、入社後の姿をイメージする

求人サイトで気になる会社を見つけたときは、企業サイトを訪問してみましょう。企業サイトでは、仕事の内容や社内の雰囲気、企業の方針など、求人サイトには記載されていないあらゆる情報が得られ、応募の際のアピールに活用できます。

また企業サイトからは組織体制や株主構成はもちろん、事業の中核となっている商品やサービスも知ることができます。また、今後注力しようとする分野も読み取れるはずです。自分が希望している職種が応募先企業の中でどのような役割を果たすのかを知ることで入社後のビジョンも描きやすくなり、採用後のギャップも小さくなります。

また、経営者の言葉や企業理念に共感できるかどうかも重要です。企業理念へ共感できるかどうかは、その企業で働き続ける際のモチベーション維持に大きくかかわります。会社の最新ニュースやCSRに関連するコンテンツは、チェックして自分なりの考えを用意しておくと面接時の会話も弾むでしょう。

おわりに

転職活動は、今後の人生を左右する大切なイベントです。求人情報や企業サイトから得られる情報を通して、入社後の自分の姿を明確にイメージすることが転職成功の鍵となります。新しいステージでいきいきと働く自分を目標に、転職活動を進めていきましょう。

TOPへ