30代・女性のキャリア。ライフイベントとキャリアの両立

「自分らしく働きたい」と願う女性が増えています。しかし、女性は特に人生の中でいろいろなライフイベントがあって、そのたび「仕事はどうしよう」と心が揺れ動きます。その変化としっかり向き合って、自分のキャリアも大事にしていく。それがうまくいくように最善の方法を考えていきましょう。今回は特にキャリアの分かれ道を迎える方が多い30代に注目してみたいと思います。

30代のキャリア。自分らしく働く目標を決めよう

女性にはいろいろなヤマが訪れる。

いつまでも自分らしくいきいきと働いていたい。そう思う女性は多いと思います。しかし女性にはいろいろなライフイベントがあります。
内閣府が年1回発表している少子化社会対策白書によると、年々未婚化・非婚化、晩婚化、晩産化が進んでいます。出生したときの母親の平均年齢は2011年の場合第1子が30.1歳という結果になっています。平均値でしかありませんが、重要な仕事を任されるようになってきた30前後に結婚、出産を迎える女性が多いということになります。
特に出産は女性にしか経験できない大きなイベントです。いろいろなヤマが訪れるたびに、「仕事と家庭の両立」とか「キャリアの継続」という問題に悩みます。そんな時、ただ漠然と不安を感じているだけではなかなか解決することができません。どうすればそのヤマを乗り越えて、自分らしく働くことができるのか、しっかりプランを立ててみましょう。

発想の転換が必要な時代

昔から「日本は年功序列社会だから30代からは就職できない」とか「女性は30代を過ぎたら、キャリアアップは難しい」と言われてきました。確かにそういう一面は今も残っているかも知れません。しかし、ここで発想を転換してみませんか。今日本は急速に高齢化が進んでいて、昔だったら無理と思われていたことも今はできるようになっています。たとえば30歳を過ぎて、昔なりたいと憧れた美容師になろうと考えます。学校は少子化で生徒確保に必死なので、何歳でも入学できます。卒業後の仕事場も競争の激しい都市部は厳しいかもしれませんが、後継者不足に悩む地方の美容室なら手伝いながら実務経験も積めるし、その後独立して店を開いたとして、たとえば高齢者に特化するなど自分ならではのアイデアを生かしたお店にすることもできます。何も「若い頃に美容師をめざして、都会のオシャレなお店で働く」という一律の考え方でなくてもいいのです。特異な例ですが、そんな風に発想を転換してみることも重要だと思います。
ビジネスも様変わりしています。クラウドが普及したことでノマドワーキングがひろがっています。ソーシャルメディアを活用すれば、自分からいろいろ情報も発信できる、これまで出会えなかった人たちとも交流が持てるし、いろいろな考え方に触れられる。このような社会の変化も、自分のキャリアアップに取り入れたいところです。

どんな風にキャリアアップしたいのか、イメージを持ち続けることが大事

今大事なことは、30代という風に年齢だけにこだわるのではなくて、むしろ「自分は将来年齢に応じてどんな風に働いていたいか」というイメージをいつも持ち続けることではないでしょうか。結婚後、子どもがまだいない時期に、仕事に集中したいと思うなら仕事80%、家庭20%という時期があってもいいし、子どもが生まれ、育児が大変な時なら、仕事20%、育児80%という比率になるでしょう。何もいつも仕事と家庭が50%ずつと無理に考えなくてもいいのです。このように柔軟に考えることができるようになるためにも、自分だけのキャリアプランを立ててみましょう。自分の年齢、自分一人の時から結婚し、さらに子どもが産まれたなどの家族構成の変化、将来自分がこうありたいと思う働き方など、一度プランを立ててみてはどうでしょうか。

プロフィール

I.S

入社10年目、アカウントセールスを経てスタッフコンサルタント主任

数年前に取得したキャリアカウンセリングの資格を生かし、多くの求職者のお役に少しでも立ちたいと思っています。

趣味 オルガン演奏
好きな言葉 臨機応変
口癖 なるほど
将来の夢 一人でも多くの方のキャリアカウンセリングをすること

TOPへ