仕事も遊びもメリハリを!プライベートを充実させるキャリアウーマンの習慣

仕事も遊びもメリハリを!プライベートを充実させるキャリアウーマンの習慣

プライベートも諦めないキャリアウーマン

「キャリアウーマン」と聞くと、「働いている時間が長い」「プライベートは二の次」といったバリバリ働くイメージを持っている方が多いかもしれません。実際にそのような方もいらっしゃいますし、仕事に邁進することが決して悪い、ということはありません。非常に多忙な環境でやむを得ない、ということもあるでしょう。
ただ、全ての環境において、必ずしもそのような働き方がキャリアアップにつながる、とは言い切れないのが事実です。

政府は「ワークライフバランス」を推進しており、その流れに同調する企業も今後増えていくでしょう。早くからそういった取り組みを始めていた企業も少なくありません。
また、所属する組織に関わらず、個人として、高いキャリアを求めながら、プライベートも充実させている女性は増えてきています。彼女たちはどういった「働き方」をしているのでしょうか?

プライベートも充実させているキャリアウーマンになるコツ

プライベートを充実させたいのであれば、まず取り組むべきは「時間の使い方の見直し」です。うまく変えていくための4つのコツを紹介します。

・プライベートの予定を先に入れる
仕事の予定よりも先に、プライベートの予定をスケジュールに入れてみましょう。「暇になった時に」「仕事が片付いたら」という風に仕事のみを優先させていると、プライベートの時間をとることが難しいです。
まずはプライベートの予定を組み、その後に仕事の予定をスケジューリングしてみましょう。

・「ノー残業デイ」を作る
残業しない日「ノー残業デイ」を決めるのも一つの方法です。残業できないとなると、仕事の優先順位や生産性(効率)を自然と意識できるようになります。本当にその日の内にやらなければいけないことは何なのか、それを定時までに完了するにはどうすればいいのか、そういった思考がスキルアップにもつながります。

・朝の時間を使う
「朝活」をする人が増えていますが、朝は脳がリフレッシュされているので、効率的に仕事をするのにも向いています。まだ出勤している人が少ないオフィス、もしくは近くのカフェなど、集中しやすい環境で、早めに仕事を片付けてしまうのもおすすめです。

・時期を区切ってどちらかに集中する
女性で仕事にかなりの時間を割いていた方が、産休・育休を取得し、短時間勤務になったり、部署異動などがあると自分のキャリアについて不安になるという声をよく聞きます。1日、1ヵ月などという期間でワークライフバランスをうまく取れるといいのですが、それが難しい場合は数年間スパンで考えてみてもいいのではないでしょうか。9:2だったのを4:6にする、また数年後に6:4にするなど、状況の変化を割り切ってうまく対応することも必要です。

また、既に上に挙げたような取り組みをしている企業に転職するのも、一つの選択肢です。

時間の使い方にメリハリをつけることで、両立させることができる

当然ですが、時間は有限です。このことを意識して、仕事とプライベートを両立させることが重要です。
また、こういった働き方は単にプライベートの時間を増やすことだけにとどまりません。仕事の生産性を上げることはそのまま自分のスキルアップに直結します。さらに同僚やチームに、自分ができたことを共有できれば、社内での評価が高まる、ということも考えられます。
ワークライフバランスの考え方は人それぞれ。自分らしく働くために是非一度ご自身の働き方を振り返ってみて下さい。

プロフィール

I.S

入社10年目、アカウントセールスを経てスタッフコンサルタント主任

数年前に取得したキャリアカウンセリングの資格を生かし、多くの求職者のお役に少しでも立ちたいと思っています。

趣味 オルガン演奏
好きな言葉 臨機応変
口癖 なるほど
将来の夢 一人でも多くの方のキャリアカウンセリングをすること

TOPへ