職場で異動したいと思ったら...。異動願いの文例と書き方について

職場で異動したいと思ったら...。異動願いの文例と書き方について

キャリアアップを目指している方や、家庭と仕事の両立に苦労されている方など、現在の仕事内容が自分に合わないと感じている方も多いと思います。
そのような場合、転職を考える前に異動願いを出してはいかがでしょうか。もしかしたら、希望に合う仕事に挑戦できるチャンスが掴めるかもしれません。

しかし、異動の希望を効果的に上司に伝えるためには、どうすれば良いのでしょうか。
企業によっては、異動願いを書類として提出することが必要な場合があります。口頭のみで済むこともありますし、人事部との面談で希望を伝えるケースなど、企業ごとの規則はさまざまです。そのため、自分の会社の規則では、書類として提出が必要かどうかをしっかりと確認しましょう。
今回は、異動願いを書類として提出することが必要な場合に備えて、文例と書き方についてご紹介します。

異動願いの書き方・文例

上司に異動の希望を伝える場合、書類の提出が規則で定められている企業では、異動願いを作成する必要があります。企業によっては異動願いの書式が決まっている場合があるため、あらかじめ人事部に確認しましょう。

以下に、一般的な異動願いの文例をご紹介します。異動願いの書式が特に決まっていない場合は、参考にしてください。

【文例】

異動願

異動願いの理由はどうする?

異動願いの理由はどうする?

異動願いを書く際に、最も頭を悩ませるのは異動を希望する理由だと思います。スムーズに話を進めるためにも、異動願いの理由を書くポイントを押さえておきましょう。

異動の希望を上司へ効果的にアピールするためには、自分のメリットだけを伝えることは避けてください。「今の仕事に熱意が持てない」「人間関係が良くない」などのネガティブな理由は、単なるわがままに聞こえてしまい、上司の理解を得るのは難しいでしょう。
あくまでも、異動したい理由を前向きに伝えることが大切です。

例えば、現在の仕事とは別にやりたい仕事がある場合は、その熱意を伝えてはいかがでしょうか。自分のキャリアアップのためであることや、異動することによって会社に貢献できるという熱意を伝えましょう。

また、理由が明確であることも大切なポイントの1つです。
例えば、家庭の事情などでどうしても今の仕事では支障をきたす場合は、上司の理解も得やすいでしょう。書類の提出規則がなくても、異動願いの理由を明確にし、希望をしっかりと伝えることが重要です。

異動願いを提出するタイミングも考慮しよう

異動願いを提出するタイミングも考慮しよう

異動願いを提出するタイミングによっては、周囲に迷惑を掛ける恐れがあります。これは、書類の提出規則がなくても同じことです。会社の決算期や繁忙期は避けるなど、異動願いを提出する際や希望を伝えるときは、タイミングも考慮しましょう。家庭の事情など、どうしても早急に伝えなければならない場合を除いて、人事異動があるタイミングを見計らうのも1つの方法です。

また、いきなり上司に異動願いを提出したり希望を伝えることは、少し早計な印象を与えてしまいます。そのため、まずは上司に口頭で相談することをおすすめします。
その場合も、上司が忙しくないタイミングで伝えることが大切です。事前にメールなどで、「大切な話がある」ことを伝えておくと良いでしょう。

おわりに

今回は、異動願いの提出が必要な場合に備えて、文例と書き方についてご紹介しました。
異動したい理由を明確にすることや異動の希望を伝えるタイミングについては、書類を提出しないケースでも考慮すべきです。
「もっとスキルアップしたい」「新しい仕事にチャレンジしたい」と思う気持ちは、真剣に仕事に取り組んでいる証拠です。
会社の都合もありますので、必ず自分の希望が通るわけではありませんが、異動の希望を伝えることによって異動が叶うかもしれません。
異動願いを書く際や希望を伝えるときは、理由を明確にして、上司の理解が得られるようにアプローチすることが大切です。
また、異動後の引き継ぎやフォロー作業も視野に入れるなど、スムーズに異動できるよう心掛けてください。

TOPへ