企業サービス
マンパワーグループがお届けする「人材」に関する専門メディア
マンパワーグループがお届けする「人材」に関する専門メディア

メールマガジンの登録

本メルマガでは、人事・人材にまつわる情報のご提供、イベント/セミナー等のご案内をお届けいたします。
個人情報の取扱いについてご一読のうえご登録ください。
※同業者、個人の方のお申込はお断りさせていただく場合があります。

ヘッドハンティング会社の情報源はどこから?候補者の探し出し方

掲載日2018年3月15日

最終更新日2024年5月20日

ヘッドハンティング会社の情報源はどこから?候補者の探し出し方

目次

失敗できない重要なポジションの採用

経営層や後継者、事業拡大するためハイスペックな人材は、業績に直結することが多く、採用で失敗することができません。

経験やスキルだけではなく、価値観などのヒューマンスキルも自社にフィットした人材が必要です。そのようなポジションの採用手法として、ヘッドハンティングを取り入れている企業は増えています。

ヘッドハンティングがどのように行われるかイメージが付きにくい方のために、事例集を用意しております。ぜひご覧ください。

→【導入事例】ヘッドハンティングを活用した3つの採用事例をダウンロードする

ヘッドハンティングの大きな特徴は、「転職市場以外から候補者を探し出してくる」という点です。しかし、依頼するにあたって、一体どうやって探し出してくるのか疑問もあるかと思います。

この記事では、ヘッドハンティング会社やヘッドハンターはどこから情報を取り入れているのか、について解説します。

ヘッドハンティング会社の代表的な情報源5選

前述のとおり、ヘッドハンティング会社は「現時点では転職活動をしていない・転職希望が顕在化していない層」をもターゲットとしています。

「転職希望者だけで形成された転職マーケット」に頼らないことが、ヘッドハンティング会社の優位性です。

したがって「ヘッドハンティング会社の強み=リサーチ手法(情報源)」といっても過言ではありません。一般的にヘッドハンティング会社が利用する情報源の一例は以下のとおりです。

発信されている情報

SNSや論文など公に発表されている膨大な情報は情報源のひとつです。ここからターゲット絞ることは、想像以上に大変で、またアプローチもヘッドハンターの腕の見せ所と言えます。 

職種によっては、論文や研究結果の発表などをも有効な情報源となります。

企業が公開している情報

企業がホームページで公開している人事情報や組織図、プレスリリースなども情報減となります。場合によっては、協業している企業サイトでのインタビュー記事で情報を確認できることもあります。

各種メディア

新聞や業界紙、メディアサイト、テレビでの報道なども情報源としてあげられます。コロナをきっかけに企業が運営するメディアが急増していますが、その中のインタビュー記事なども人材を知ることができます。

イベント情報

セミナーの登壇やイベントなども情報源です。自社で主催するセミナーもあれば、ゲスト講師として呼ばれる場合もあります。セミナー情報は、Webで公開されることも多く、場合によってはショート動画も見られたりします。

特許情報

技術職採用の場合、「特許情報プラットフォーム外部リンク 」などの公的なデータベースが情報源になることがあります。技術の詳細や発明者などが確認できるためです。

上記以外にもヘッドハンター自身の伝手や外部のタレントプールツールなども活用することもあります。

上記をはじめとする数々の情報源から、依頼された業務に適合すると思われる候補者を見つけ、更なる情報収集を行い、本人とコンタクトを取っています。候補者を発掘するのは容易いことではありませんが、交渉作業はさらに困難です。しかしながら、ここがヘッドハンターの腕の見せどころです。

一般的な人材紹介は、コンサルタントが多数の案件を抱えながら人選しますが、ヘッドハンディングの場合、ひとつひとつの案件に向き合いしっかりと候補者を探し出すことに注力しているとも言えます。

企業と人材を結びつけるヘッドハンティングの手法は、それなりに時間がかかりますが、企業側と候補者の求めるものをじっくりとブラッシュアップしていくため、入社後のミスマッチという話は、ほとんど聞きません

大量採用には向いていないものの、募集するポジションによっては、効果的な採用手法のひとつです。

ヘッドハンティングでの採用が向いているポジションの特色などについては、「求人広告では見つからない人材とは | 応募がない理由と打開策」で詳しく解説しています。

ヘッドハンティングの事例集をみてみる

ヘッドハンターの幅広い情報源と人材を見抜く力、そして企業へ魅力付けするスキルを活用した事例集です。

>>>ヘッドハンティングの事例集を見てみる

ヘッドハンティングの基礎知識

ヘッドハンティングとは、人材紹介サービスの一種であり、「転職意思を示していない、意思がない人」をもターゲットに候補者を探し出し紹介する採用手法です。

このサービスを利用する背景は、転職市場で見つけることができない、という理由があります。経営者レベルの人材やレアな資格保有者、高度なITエンジニアなど探すこと自体が難しい人材の採用で利用されるサービスです。

しかし、最近では30代~40代を中心とするいわゆる部長、課長などの中間管理職、あるいは専門職などに就いているミドル人材とよばれる層でもヘッドハンティングは活用されています。詳細は、「ミドルハンティングとは?メリットや依頼までの流れを解説」をご覧ください。

ヘッドハンティング会社とは

人材紹介会社は、大きく「登録型」と「リテーナー型」に分かれており、一般的に「人材紹介会社」と呼ばれているのは「登録型」の人材紹介会社です。

「登録型」は、募集企業の要望に合致する人材を、自社が所有する転職を希望する人材のデータベースの中からマッチングを行います。

ヘッドハンティング会社は「リテーナー型」と呼ばれており、自ら候補者を探し出しスカウトを行うのが特徴です。ヘッドハンティング会社がアプローチする対象は、自発的に登録してきた転職希望者だけではなく、今は具体的な転職活動はしていないものの、いつか転職を検討したいと考えている転職潜在層も含まれています。

ヘッドハンティングのメリット・デメリット

メリット

  • 希少な人材を採用することが可能
  • 入社後のパフォーマンスが期待を裏切らない
  • じっくり話し合っての入社なので、ミスマッチが少ない

デメリット

  • 費用が高い
  • 着手金など、人材が見つからなくても返金されない費用もある
  • 採用までの時間がかかる

ヘッドハンターとは?

ヘッドハンターとは、ヘッドハンティング会社に所属し、候補となる人材にアプローチ、転職への動機付けなどを行う人を指します。企業と候補者の橋渡し的な役割を担い、コミュニケーションを深めるための活動も行います。

企業が求めるニーズや条件を聞くのは一般的な人材紹介会社と変わりませんが、依頼されているポジションは会社の経営に大きく関わる人材が中心となります。企業に与える影響も大きいため、さまざまな角度からヒアリングし、丁寧に認識を合わせていきます。

ヘッドハンター自身が候補者となる人材を探し出すこともあれば、リサーチャーと呼ばれるリサーチ専門の担当者を置いていることもあります。

ヘッドハンディング スカウト事例

実際にプロハント株式会社にご依頼のあったヘッドハンティングでのスカウト事例をご紹介します。

データサイエンティスト採用 【上場企業A社】

業界を問わず、クライアント企業より採用についてのご相談が増えているのが、AI・機械学習エンジニア/データサイエンティストです。公募しても候補者が集まらず、採用に苦戦する企業が増えています。

  • ポジション
    データサイエンティスト(課長クラス)
  • 募集背景
    社内のデータ分析を行い、新たな商品開発に繋げる
  • 決定候補者
    大手通信会社の研究所に勤めるA氏/決定年収850万円
  • 情報ソース
    A氏発表論文、及びSNS

A氏発表の論文から、ご経験やご志向を把握した後にコンタクトを実施。A氏本人との数ヶ月の交渉の後、企業へのご紹介・決定へと至りました。

そのほかの導入事例

「【導入事例】ヘッドハンティングを活用した3つの採用事例」では、エグゼクティブや専門職を中心にサービスを提供するヘッドハンティング専門のエージェント プロハント株式会社の事例を3つご紹介しています。ダウンロードしてご覧ください。

prohunt

最後に

ポジションによってリサーチの難易度や、情報源も様々です。
採用を検討されるポジションがございましたら、お気軽にご相談ください。

ヘッドハンティングの利用を検討されている方向けに、企業がどういった理由でヘッドハンティングを使用するのかという背景、およびヘッドハンティング利用時の料金体系について解説したコラム「企業がヘッドハンティング会社を利用する背景とその費用」も公開しています。併せてご覧ください。

 
  

ヘッドハンディング サービス案内をダウンロード

 

PRO-HUNT/プロハント株式会社(マンパワーグループ子会社)
マンパワーグループが2016年8月に立ち上げたサーチ型人材紹介事業専門のヘッドハンティング会社です。
HP:http://www.prohunt.co.jp 外部リンク

<お問い合わせ>
プロハント株式会社メール:[email protected]
TEL:03-4531-2916
住所:東京都港区芝浦3丁目1番1号 田町ステーションタワーN 30階
(全国対応可能。お気軽にお問い合わせください)

こちらの資料もおすすめです

【導入事例】ヘッドハンティングを活用した3つの採用事例
【導入事例】ヘッドハンティングを活用した3つの採用事例
エグゼクティブ層や高度な専門職などの採用で利用されるヘッドハンティングサービス。3つの事例から、企業がヘッドハンティングサービス導入に至った背景、および、ヘッドハンティングで入社した人物はどのような人物かをご紹介します。
ヘッドハンティング サービス案内
ヘッドハンティング サービス案内
一般的な転職マーケットでは採用できない人材の獲得をサポートするヘッドハンティングサービスの案内です。本資料では、ご利用企業の特徴やヘッドハンターなどもご紹介しています。
プロフェッショナル派遣 ProAssign サービス案内(英語版付き)
プロフェッショナル派遣 ProAssign サービス案内(英語版付き)
専門性の高いミドルシニア人材の派遣サービスです。新規プロジェクトの立ち上げや、管理職クラスの休職期間のカバー、各種業務改善などに、経験豊富なスペシャリスト人材を派遣します。本資料では、いくつかの成功事例も記載しています。
人材要件チェックシート
人材要件チェックシート
採用活動において、関係者の認識の相違は、採用の遅れや無駄なコストの発生につながります。このチェックシートは「求める要件・人物像」を具体的にし、関係者の認識を合わせるためのツールです。
女性管理職の増加をサポート
女性管理職の増加をサポート
日本における女性管理職の割合は、増加傾向にあるものの、いまだ低水準にとどまっています。本資料では、女性管理職増加の過程における課題とその解決策について、サービス提供事例を用いて解説します。

著者プロフィール

プロハント株式会社(マンパワーグループ関連会社)

プロハント株式会社(マンパワーグループ関連会社)

マンパワーグループが2016年8月に立ち上げたサーチ型人材紹介事業専門のヘッドハンティング会社。 経験豊富なヘッドハンターとリサーチャーが所属し、決定率・定着率共に90%以上の実績あり。日本全国を対象に、ハイクラス人材はもちろんのこと専門職や研究職など広範囲に亘る人材ニーズへの的確な対応が強み。

SNSでシェアする

  • ツイートする
  • facebookでシェアする
  • LINEで送る
  • LinkedInでシェア
  • はてなブックマーク

SNSでシェアする

  • ツイートする
  • facebookでシェアする
  • LINEで送る
  • LinkedInでシェア
  • はてなブックマーク